ニット類の手洗いにおすすめの洗剤

日本人が一度はやってしまうらしい失敗 で書いた失敗以来、ニット類は手洗いしています。
私のおすすめの洗剤は、Mitchell’s Woolly Wash Wool Washing Liquid 250ml!
羊の油から取れるラノリンを主成分にした洗剤なので、羊毛にも優しい筈ということで選びましたが、やっぱり良かったです。
洗った後の感触もいいですけど、何といっても香りが素敵です♪ ハーブとかフラワー系ではなくて、お日様の香りというか、自然な香りなんです。
私は2個入り(Mitchell’s Woolly Wash Wool Washing Liquid 250ml (Pack of 2))を買いました。今年の3月に買ってから、やっと1本目がなくなりかけなので、結構長持ちしますよ。

この製造元のMitchell’s Wool Fat Soap Ltd、美容品も出してて気になってます。1930年代に薬剤師のミッチェルさんが作り始めたという、歴史のあるところもいいですね。パッケージも今時じゃなくて、むしろいい感じ。
Wool fat = 羊の油(ラノリン)… どっかで聞いたことがあるなぁと思ったら、カネソン LANSINOH ランシノー 10g で随分お世話になってました。子供が生まれたばかりの頃、授乳しすぎで乳頭が痛い時とか子供に噛まれて傷になった時にこれを塗ってしのいでました。こってりしたクリームだけど、塗ったそばから馴染んで痛みがかなり和らぎました。これなら多分あかぎれにも効きそう。

日本で馬油が流行ってたことがありましたけど、羊油も良いんじゃないでしょうか。ちょうどこんな記事を見つけました。ドゥラメールにも入ってるとは!
今度はこのボディーローションを試してみますね。パッケージがレトロで素敵 ❤
Mitchell’s Wool Fat Hand and Body Lotion 150ml (Pack of 2)

湿気・カビと戦う!冬のイギリスの湿気対策

イギリスにきてから驚いたこと 日英の違い でも書きましたが、最近もっとも驚き&悩まされているのがイギリスの湿気とカビです。
日本では冬は乾燥していたので、まさか冬に物がカビるとは思っていませんでした。
カビる、っていっても、それは日本とは比べ物にならないです。
日本にいた頃は、梅雨に食パンがカビるとか、お風呂場がカビるとかその程度でしたが、ここイギリス(南西部) では、何でもカビる!といっても過言じゃないです (^^;)
前もって知らず何も対策してなかったので、いろんな物がカビてしまいました…
しばらく履いてなかった靴、壁に掛けっぱなしだった帽子、窓辺に置いてたぬいぐるみ、移住以来開けていなかったスーツケースの中、1週間くらい乗ってなかった車のシート&ベビーシート、ポンプ式のボディークリーム(液だれしてた部分)。

あああああ…!もうカビを見るのはうんざりよ!
という訳で急遽除湿対策グッズを買いました。

使い捨て小分け袋の除湿剤。衣装ケースやスーツケースに入れます。
12 x 3pk Small Space Dehumidifier 36 sachets

充電式で繰り返し使えるコンパクトな除湿器。電池なしなのが嬉しい。
戸棚とかワードローブとか狭いところならどこでも。
Pro Breeze® Cordless Rechargeable Mini Dehumidifier for Absorbing Moisture in Small Spaces e.g. Wardrobes, Cabinets, Drawers, Boxes. Wireless with NO BATTERIES needed.

普段使わない靴を収納する袋。これに除湿剤を入れて靴を保管。12足も入るし整理整頓できて満足♫
Compactor Polypropylene/PEVA 12 Pocket Shoes Organizer, Grey

車用シリカゲルバッグ。繰り返し使えるタイプ。単なるバッグだから車でないところでも使えます。
2 x LARGE 1KG DRY AIR CAR/HOME DEHUMIDIFIER REUSABLE BAG MOISTURE ABSORBER/DAMP EATER

その他、以下に気をつけてます。

  • 布類は水分を吸いやすいので、適切な処置をする。洗濯物は放置しないこと。
  • 普段使わない部屋は暖房を付けてないと湿気りまくるので、湿気り易い物は予め撤去するか、密閉して乾燥剤と共にしまう。
  • 窓辺の水分を侮るべからず。置物など動かさない物は要注意。
  • ポンプ式の美容品は買わない。

おすすめの除湿対策・グッズがあったら教えてください!

Biscuit? Cookie?

この写真の食べ物はビスケット? クッキー?
 
イギリス英語ならビスケット、アメリカ英語ならクッキーって使い分けるんでしょう、と思ったあなた! どうもそんな単純ではないようですよ。

Biscuitは元はフランス語で、bis-cuit とは2度焼くという意味だそうです。
なのでイギリスではビスケットとはサクッとした物を指します。
また、イギリスでいうビスケットは、甘い物もあれば甘くない物もあります。そしてサイズも小ぶりな物が主流のようです。

さて冒頭の質問に戻りますが、この食べ物の特徴は以下です。

  • 小皿とほぼ同じくらいのビッグサイズ
  • 柔らかい食感
  • 甘い

という訳で答えはクッキーでした!

先日義母がクッキー買ってきたよ、とこれをくれたんですが、イギリス英語ではビスケットじゃないの?! と疑問に思って、色々聞いてみたのでした。

ふむ、Wikipedia にも書いてありますね。
Cookie -Wikipedia

In most English-speaking countries except for the US and Canada, crisp cookies are called biscuits. Chewier cookies are commonly called cookies even in the UK.

アメリカとカナダを除く英語圏のほとんどの国々では、サクサクしたクッキーはビスケットと呼ばれると書いてあります。日本もアメリカと同じように、クッキーって言いますよね。固かろうが柔らかかろうが、クッキー。

イギリスではビスケットとクッキーをこんな風に使い分けているんだなぁと、勉強になりました 🙂

イギリス南西部のフリーマーケットに行ってきました

今月頭にあったフリーマーケットに行ってきました。前にアンティークフェアに行ったのと同じ会場です。

朝から並んでます。

建物内のストール。

うさぎのジェリー型が可愛かったけど、多分使わないし… で買わず。

外のストール。

アンティークフェアと比べると、コレクタブルアイテムが少なくて、そして安い訳でもなく、規模も半分くらいで、あまり行く意味がないかな〜と思いました(^^;; eBay でいいじゃん、という感じ。結局何も買わなかった!

アンティークフェアはまた来年行きたいと思います!

Royal Mail の追跡情報の見方

Royal Mail の追跡情報の見方、ずっと勘違いしてたんです。
いつもStatus と、その下の概要(青い枠内) のところを読んでたんですが、概要が概要過ぎるわ!と思ってました。
日本の宅配業者の追跡情報だと、いついつ何時に◯◯支店出発、とかありますよね。それがないと。 さすがイギリスだわと。

それがね、あったんですよ。なんと青枠の真下のclose ボタンをクリックすれば良かったんです。
close って言ったら、ブラウザ閉じるのかと思ってました。この場合、detail とかが良くないですか!?

こんな勘違いするのは私くらいかしら。
ともあれ、ちゃんと詳細情報見られるし、やればできるじゃないの! と思ったのでした 笑

イギリス国内のクリスマスに間に合わせるための受付締切は先週末だったと聞いたので、10日以上前に締切なんて早すぎるし、こんな調子じゃ国際郵便なんていつも大体1週間なのにそれ以上かかるのかと心配してたんですが、出したその日の内にヒースロー空港に向かってるし、多分大丈夫かなと。

日本ではしなくて良い心配ですね (^^;;

イギリスのクリスマス時期の宅配事情

最近ただでさえ時間がかかる配達が更に遅くなっています。

日本の Amazon だとプライムで翌日発送はとっくにやってるけど(翌日どころか地域によっては同日配送が始まりましたね!)、イギリスの Amazon は最近やっと One day delivery がスタートしたばかり。
私も Amazon UK Prime 使ってますが、今の時期は遅れることがあります。遅れるとしても、予定日過ぎた後にシレッとメールで今日発送したよ、と通知が来ます。お詫びはないです 笑

イギリスでAmazon のライバルと言えばArgos ですが、こちらも最近 One day delivery サービスをスタート。けど先日のブラックフライデーでは翌日どころか1週間以上経ってやっと届いたとか、クレームが多発。

ブラックフライデーとかクリスマスとか、そりゃ配達増えるでしょ。このタイミングで翌日配達サービススタートして、それで遅れるっていうのは、ねぇ。
イギリス人もイギリス人で、まぁクリスマス前だからね、と文句は言いつつも受け入れている感じなのが面白いです 笑

それと、最近 eBay で買った物がいわゆる定形外郵便で、待てど暮らせど来ないので、これは多分紛失されたと思います。うう、紛失は初めて… まぁ1ポンドの物だからあまり痛くはないけど (^^;; やっぱり繁忙期だけに、配送センターはてんやわんやなんでしょうね。

そうそう、イギリス国内に Royal mail でクリスマスまでにプレゼントを届けたいなら締め切りは12/11(金) だったみたいです。今日義母が郵便局で聞いてきました。まぁ、それも本当かどうか口頭で聞いただけだから当てにはならないけどって義母が言ってました 笑

イギリスから国外に発送する場合も先週末が締め切りだったのかな? いつもならRoyal mail で1週間程度で日本に着くので、今日12/14 に発送したものもクリスマスには間に合うだろうと思ってたんですが…

やっぱり国によって宅配事情は違いますね。日本のサービスは大体納期は守るので、信頼できます。イギリスは… まぁのんびり待ちますか (^^;;

違うお米を試してみた

ジャパンセンターで前回と違う、ちょっとだけ安いお米をかってみました

お米用の計量カップを移住時に持ってき忘れて大分不便でしたが、先日の一時帰国時にゲット。これがあるのとないのとでは大違い!

水加減は間違えてないはずなのに、何故かかなり柔らかくなりました。料理人はその日の湿度で水分量を変えるというけど… 次回はお水少し控えめにしてみよう。
今回のお米は、炊き上がりの香りがあまりしませんでした。不味くはないけど、次買うなら前回とら同じにしようと思います。

お稲荷さん、うまし!