2014年12月イギリス配偶者ビザ(UK spouse visa) 申請に提出した書類

▼ こちらは2014年12月の情報です。必要書類やリンクは変わる可能性があります。公式サイトで最新の情報をご確認ください。▼

▼ 私と主人は日本で結婚 (日本での婚姻情報は英国登記所に登録していません。英国登記所への登録はビザ申請とは無関係です)し、2年以上同居して結婚している夫婦です。移住後は義両親と同居予定です。似た状況の方の参考になるかもしれません。▼
▼ 不明点は公式 Emailフォーム で質問可能です。英語でしか質問を受け付けてもらえないのが不便ですが、回答は1営業日以内くらいで来ます。ちょっとでもあやふやな点や不安な点は、そのままにしないで公式サイトの Emailフォーム で確認してください。▼

▼ 英語で大量に資料を読まなければならないので、スポンサーとなるイギリス人配偶者にも良く確認してもらうことが必須です。大変ですが、愛の力で乗り越えましょう <3▼

まずはCheck if you need a UK visa で何のビザが必要か確認してみましょう。配偶者ビザの場合はApply to join family living permanently in the UK になるかと思います。

私が準備した書類は以下です。まずは公式サイトに載っているものとして以下を準備しました。

基本的な書類

  • 現在有効なパスポート
  • 過去のパスポート
  • 2枚のパスポート用写真
  • 2人の関係を証明する書類
    • 戸籍謄本と翻訳
    • 住所証明と翻訳 ※1
    • 写真15枚程
  • 経済要件を満たすことを証明する書類
    • 主人の銀行口座の6か月分の明細 ※2
    • 主人の “預金を配偶者のために使う” というサポートレター ※3
  • 英語力を証明する書類
    • IELTSのスコアレポート ※4

上記以外にもいくつか用意した書類があります。

義両親からの書類
私の場合移住後に義両親と同居するのに関連して以下の書類と、

  • 義両親からのサポートレター
  • 義両親の家の権利書のコピー ※5
  • 義両親のパスポートコピー

その他
主人が現在イギリスにいないために以下も必要になります。

  • 出生証明(Full version) ※6

オンラインで入力、もしくはダウンロードして印刷・手で記載するフォーム

以上です。
必要な書類を集めるのになんだかんだ言って1ヶ月程度かかってしまいました…
申請の際は余裕を持って必要書類を調べて用意してください。

ご参考になれば幸いです。

※1
戸籍謄本上の住所と現住所が同じなら、戸籍謄本が現住所の住所証明としても使えるようです。

私の場合は、本籍が現住所と異なるのと、2回引っ越して3箇所の住所があったので書類が多くなってしまいました。それでも3箇所すべての住所において2人が同居していることを証明できれば、夫婦としての実態を証明するには十分です。
もし以前の住所での同居が証明できない場合には、Eメールやラブレターなど、継続した2人の関係を証明する別の書類が必要になります。

※2
主人の場合、日本で働いていましたからイギリスで仕事がある場合の要件は使えません。よって、預金額で申請しました。
銀行明細は申請から28日以内に発行されたものではないと効力がありません。いろんな書類を揃えるのに時間がかかってしまう可能性があるので、この書類はあまり早い段階で用意しない方がよいと思います。

※3
イギリスで生活保護を受けることなく自力で生活するために、配偶者がサポートするという宣言です。

※4
一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会のニュースリリースにもあるように、2014年4月25日以降、TOIECのスコアはもうイギリスビザ申請に使うことができなくなりました。

※5
原本である必要はありません。

※6
Order a copy of a birth, death or marriage certificate で証明書発行を依頼できます。

※7
項目※3 と同じ趣旨です。Apply to join family living permanently in the UK では必須ではなく状況によっては必要になる、と書かれています。用意するのが無難だと思います。

 

 

 

Advertisements

48 thoughts on “2014年12月イギリス配偶者ビザ(UK spouse visa) 申請に提出した書類

  1. 初めまして。
    似た環境の方をNAVERまとめから見つけて、教えて頂きたいことがありまして。。
    先日無事にビザは取得でき、既に英国に入国したのですが、入国後にビザ関係で行うべき登録や手続きはありますでしょうか?
    色々調べてみたのですが、ビザ取得に関する情報は色々あるものの、入国後の手続については特に触れている情報がなく、何かすべき手続を忘れていないかと心配しております。もし、ご存知であれば、教えて頂けますと助かります。

    • Yukoさん、はじめまして。既に入国されているのですね。そちらの住み心地はいかがでしょうか?
      私は現在引越し準備中でこれから入国予定です。ビザ関係で入国後、というと分からないのですが、先輩方のブログを読んでみると、大体以下のことのようです。
      在留届(在英国日本国大使館)、NI番号の登録、NHS番号の登録、銀行口座開設、運転免許書き換え、携帯電話契約など(NAVER まとめ作りました)
      http://matome.naver.jp/odai/2142336972352492401
      他に何かありましたら教えていただけますとうれしいです^^

  2. ご丁寧なお返事、ありがとうございます!
    てっきり既にロンドンにいらっしゃるのかと早とちりしてしまいまして、すみません(> <)。
    それなのに、丁寧に教えて頂きまして、本当にありがとうございました!
    これから入国なのですね。道中お気をつけて!
    これから色々やってみて、また気が付くことがありましたら、情報をシェアさせていただきますね。

  3. Yukoさん、ありがとうございます^^
    気になる記事を見つけたのでビザ関連で1個だけ。
    日本で結婚された時に英国登記所に婚姻を記録しましたか?もし既にされてる場合は大丈夫だと思います。私は在日英国大使館の方に「してもしなくてもいい」と言われたのでしませんでした。

    この記事によると、
    http://lifeisgirly-k-nikki.seesaa.net/article/402211877.html
    イギリスで日本での婚姻を登録していない場合、将来永住権申請する時にイギリスで婚姻証明をすぐに発行してもらえなさそうです。なので、もし今お手元に日本の婚姻証明があるなら、イギリスで婚姻を記録した方がよいかもしれません。

    まだ永住権申請とか大分先の話なので、私もまだ詳しくは調べていないのですが;^^

  4. 情報ありがとうございます!
    はい、イギリスにも結婚当時婚姻届を出していて、そのおかげでビザの申請の書類上の証明がしっかりできた気がします。
    私も永住権の申請なんてまだまだですが、最近の法改正の方向性をみると、できることは早めにしたほうが良さそうですね。

    • 儀式みたいな、やってもやらなくてもどちらでもいいという手続きが結構ありますが、結局やっといた方がいいことが多いような気がします。私はしていなかったのでちょっと後悔してます;^^ 移住したらまっさきにやりたいと思います!
      これからも情報アップデートしていきますね 🙂

  5. こんにちは。現在準備を進めているものです。一つ質問があるのですが、経済条件を証明する書類と書かれてありましたが、そちらは銀行の明細だけで特にきまった貯蓄額が必要とされてはいないのでしょうか?年収が18600以上であれば貯蓄額はあまり関係ないのでしょうか。調べ始めたばかりで、いろいろと無知ですみません。。。どうか教えていただけると嬉しいです。

    • はるさん、こんにちは。コメントありがとうございます!
      経済状況の証明は、ご主人がイギリスで働かれてるか、日本で働かれてるかによって違います。
      私のケースは後者なので、前者については良く分かっていないです。お役に立てなくてごめんなさい。
      私の主人は日本で働いてますがイギリスでは無職と同じで日本でいくら稼いでるかは関係なく、イギリスの銀行口座の預金額だけを証明しました。
      公式サイトのfinancial requirement のPDFをご主人にもがっつり読んでもらった方がいいと思います。量が多いので… ^^;
      https://www.gov.uk/join-family-in-uk/eligibility

  6. はじめまして!私はイギリスとイタリアのハーフの彼と今春日本で入籍し、イギリスに住む為の配偶者ビザを取得する予定です!
    色々調べれば調べるほどワケが分からなくなってきて;
    そんな時にこちらのブログを見つけて、本当に参考になりました!
    いくつか質問させてください、
    ・経済要件を満たすことを証明する書類の主人の “預金を配偶者のために使う” というサポートレターというのは決まったフォーマットがあるのでしょうか?また、預金の最低額は決まっていますか?

    ・英語力を証明する書類について、GOV.UKのKnowledge of Englishに「passing an approved English language test with at least CEFR level A1 in speaking and listening」とあるのですが、これはCEFR LEVEL1を受験するという意味ではなく、自分で選んで受験するということなのでしょうか?
    「Applying for a UK visa: approved English language tests」や「List of approved tests and providers」を見ても見方がよく分からずどれを受験すれば良いのか困っていました;

    たくさん質問すいません,,本当に1人で考えていても頭がいっぱいいっぱいになってしまって,,お返事お待ちしてます。

    • Mioさん、はじめまして!コメントありがとうございます^ ^ 申請準備、大変ですよね… 読む資料も多いし。
      配偶者ビザは、ざっくり言うと「ビザ目的の偽装結婚ではなく2人の関係が本物で、イギリスに住むのに十分な資金があることを証明する」この2点が大事なポイントだと思います。
      英語力の証明のテストは、Approved testの中で日本で受けられるテストをひとつ選んで受けたらいいですよ。IELTSとか、ケンブリッジ英検とか。その点数が一定レベル以上(CEFR LEVEL 1) だったら良いということです。TOEICは使用不可になりましたね。
      経済要件は、ご主人がイギリスで働いてるなら勤務先の給与明細半年分とかが必要ですし、日本で働いてるならイギリスでは無職扱いなので日本で毎月いくら稼いでいても関係なく、預金額で申請します。預金額の最低額はめっちゃ高くて聞いただけでゲッソリします… 62500ポンド、大体1000万円くらいでしょうか。これを半年以上キープした明細書が必要です。ご主人一人の預金か、夫婦2人の預金で合算してもいいです。
      最近またルールが変わって申請額も値上げされて健康保険代金前払いになったので、経済要件も何か私が申請した時と変わったかもしれません。
      ご主人に英語の資料をがっつり読み込んでもらって、最新の情報を確認してもらってくださいね!

  7. そうそうにお返事ありがとうございます!本当に心強いです!
    なるほど、そう考えるとシンプルでわかりやすいですね!色々調べてると何からやっていーのか、相手が何を知りたいのかという部分が見えなくなってきてしまいます^^;
    Approved test(april_2015_approved_secure_english_language_tests_and_test_centres_v3_0-4.pdf)の表の見方がよく分からないのですが、例えば「IELTS Life Skills」Level A1となっているので、これを受けて達していれば良いということなのでしょうか?
    IELTSやケンブリッジ英検を受験したことがなく、どんなものかよく分かったおりません;TOEICなら受験したのですがもうダメなんですもんね。。(T_T)

    それから彼はイギリスでずっと働いています、なので、預金がいくらという証明ではなく、ちゃんと毎月安定したお給料をもらっているという証明(給与明細半年分)をすれば良いということですよね?

    サポートレターについてもありがとうございます!私の場合は彼が1人でイギリスに住んでいて、彼の親はイタリアにいるので、彼の親からのレターは必要ないのでしょうか?

    健康保険代金っていうのも払わないとなんですね。。おいくらぐらいでしたか??

    それからまたちょっと話がずれるのですが、日本で入籍して配偶者ビザを申請する前に、イギリス大使館に結婚したという手続きをすると思うのですが、その手続きの方法や必要書類、受理されるまでの期間はどんな感じだったでしょうか?
    それとも入籍後すぐ配偶者ビザの申請に移っちゃって良いのでしょうか?
    またたくさん質問すいません;
    お返事お待ちしてますm(__)m

    • Mioさん
      IELTS日本のサイトを見るとアカデミックモジュールとジェネラルトレーニングモジュールしか書いてないので、IELTS Life Skills というのは日本で受けられないテストではないでしょうか?私が受験した頃には載ってなかった名前のテストです… これはIELTS日本に問い合わせてみてください。
      どんなテストかは、本屋さんで参考書を立ち読みしてざっくり確認してみてください。私は前にTOEIC しか受けたことがなくて、ビザの為にジェネラルトレーニングモジュールを受験したんですが、慣れない試験は緊張しました(^^;; 参考書を買って模試を解きまくるしかないと思います。
      http://www.eiken.or.jp/ielts/test/

      ご主人はイギリスで働いてるんですね!年収で申請できるなら私のように預金額で申請するよりハードルが低くて羨ましいです^ ^
      年収で申請の場合の提出書類については私は詳しく分かりませんので、以下のページをご主人に良く読んでもらってください。これはスポンサー(イギリス人配偶者) が用意しなければならない書類なので、ご主人に任せた方が良いと思います。
      Apply to join family living permanently (https://www.gov.uk/join-family-in-uk/eligibility) にある経済要件のAnnex_FM_1_7_Financial_Requirement.pdf です。

      健康保険代金は以下に書いてあります。私が申請した時にはありませんでした(^^;;
      https://www.gov.uk/healthcare-immigration-application/how-much-pay

  8. 英語力証明のテストですが、こちらも変更があり、今から受験される場合、ケンブリッジは無効になりましたね。。私は昨年11月に受験して今年の11月5日までに申請するので適用されますが、4月5日以降から適応の内容が変わっています。また、今回配偶者ビザ取れた後の更新時にはIELTSを受けないといけないなんてーっです。NHSの支払いもバカになりません・・

  9. お返事ありがとうございますm(__)m
    色々参考になりました、ありがとうございますm(__)m

    入籍後に彼が結婚したということを英国側にも申請することと、配偶者ビザを申請することは別に考えて良いのでしょうか?
    入籍後すぐに配偶者ビザ申請に進もうと考えており、彼が結婚したという申請を英国大使館へ提出してもそれが通るのに時間かかるみたいなので、タイミングがズレる気がします。
    ネット上で、結婚の英国登記所への申請と私の英国配偶者ビザ取得は関係ないというのをネットで見たのですが、yukoさんはどうされましたか??
    また、その英国登記所への結婚の申請は、私が日本でしても、彼がイギリスでしても良いものなのでしょうか?
    質問だらけでごめんなさい(>_<)
    お返事お待ちしておりますm(__)m

  10. Mei さん
    英語のテストまで変わっていたとは汗 多分、ケンブリッジ英検には有効期間がないからでしょうね。どこかのブログで、ケンブリッジ英検でビザ更新しようとしたら、10年前に取得されたので古いから別のエビデンスを出すようのに言われた、っていうのを読みました。
    あー、またあのIELTS の面接を受けると思うと憂鬱です;^^

  11. お返事ありがとうございます(*^^*)

    なるほどーどんどん法律が変わって本当に訳が分からなくなりますσ(^_^;)
    でも婚姻の届けを登記所へするのと配偶者ビザ申請が関係していなくて良かったです!すぐ配偶者ビザへの手続きができそうです!
    彼にも手伝ってもらい、準備を進めて行きたいとおもいます(*^^*)
    また何かありましたら質問させてくださいm(__)mありがとうございましたm(__)m

    • みおさん、
      ケンブリッジ英検は最新の英語テストリストから外れたようです。間違った情報をお伝えしてすみません。
      受験、がんばってくださいね!

  12. oddfishandmeさん、初めまして。こんにちは。

    間もなく英国配偶者ビザを申請する予定です。一つ質問していいですか?

    審査に関係するとは思えない事でとってもくだらない質問で恥ずかしいのですが、二人を関係する写真ってどのように提出されましたか?教えて頂けると嬉しいです。

    うちはA4ではなく写真としてプリントしたものを提出するのですが、アルバムなどは受け付けないと海外の英国ビザフォーラムに書いてあったのを見た気がするので、主人がA4用紙に何枚かずつ貼り付けてついでにコメントも書いてバサっと出せばいいというのですが、実際みなさんどうされているのかなと思って。。。

    • Cranberry さん、こんにちは!コメントありがとうございます^ ^
      写真はA4でなくて、普通の写真サイズで大丈夫てすよ。日付も要らないし(https://oddfishandme.wordpress.com/2015/01/31/uk_spouse_visa_private_photos/)、ファイリングとか一切不要です。ファイリングしてもビザセンターで全部書類だけ抜き取られます。私は小さな紙製の写真アルバムに入れましたが無駄でしたσ^_^; 写真だけ束ねてバサッとでOKです。
      これから申請、緊張しますね!けどビザセンターの人はかなり丁寧に書類チェックしてくれるし、足りない物があれば指摘してくれるくらい親切なので、リラックスして行って来てくださいね。
      上手くいきますように☆

  13. oddfishandmeさん、さっそく回答して頂き有難うございます!

    ビザセンターでどのように受け付けられるのかが前もってよくわかり、とても助かります!写真についてのページを拝見しました。うちは写真選びの時に主人がいつも同じTシャツを着ていて苦労しました。面白いやら腹立たしいやら、、、(笑)

    こちらのブログはビザに限らず情報元がクリアな興味深い情報が多くて質が高いですね。今後もいろんな情報を楽しみにしています!本当に有難うございました。

    • Cranberry さん
      私はいつも他の方のブログにたくさん助けられていますので、そういっていただけると嬉しいです^ ^
      Cranberryさんのブログも拝見いたしました!こちらはイギリスに移住後も続けられるんでしょうか?イギリスに来られたら色々情報交換できたら嬉しいです。
      ビザ申請が無事通りますようにお祈りします(^-^)/

  14. oddfishandmeさん
    有難うございます!ビザの心配から早く解放されたいです。
    夫が出張がちで一人になる事が多いため、移住後はブログでも始めてみたら?と勧められて、どんな感じかなって調べている時、今の日々もイギリスに繋がっているし。と思いつきで始めてしまいました。情報交換、ぜひぜひ、宜しくお願いしますね!

  15. 初めまして。配偶者ビザ申請準備中のはると申します。
    一つ、住所証明についてお伺いしたいのですが、私たちは現在日英別居婚カップルで、現在私は日本の実家暮らし、本籍は祖父母の元(本籍≠現住所)となっています。
    夫婦として同居していない場合も、英国の夫の住所とは別に、私の現住所の証明も本籍と異なるため、やはり必要なのでしょうか?
    それも住民票とは限らず、外資系銀行の英文明細に私の現住所が記載されていれば、住所の証明になると思われますか?もし何かご存知でしたら教えてください。(VFSにメールしたのですが、コピペのpointless回答しか得られなかったので・・・)よろしくお願いします。

    • 初めまして、コメントありがとうございます^ ^
      以下に書いてある情報だと、申請者の住所証明は特に触れられてないですね。
      https://www.gov.uk/join-family-in-uk/documents-you-need-to-provide
      “You may need to provide additional documents depending on your circumstances” とあるので、状況によって追加で書類が必要になるのですが、例えば適格要件の証明で住所が関係してくるなら、申請者の住所証明も必要になりますね。
      私の場合は、適格要件の”2年は同居している” を証明したかったので。

      最近ビザを取得されたこちらの方もはるさんと同じで、別居カップルですが、日本の申請者側の住所証明は特に提出されてないですね。
      http://dreamyuk.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

      参考になれば幸いです☆

  16. oddfishandmeさま
    迅速なご回答ありがとうございます。ご紹介いただいたブログ、送信後に覗いていて、不要な書類は出さないという部分に、深く共感していたところでした。私のケースは住民票は不要と思われるので、今回は省略したいと思います。スッキリしました~

    しかし、この不要な書類がなんなのか、今一つはっきりしないのが悩みどころで、sorship form SU07 にしても、配偶者ビザでは不要というのを私も確認はしているのですが、提出された人も多いし、ビザセンターで不要と突き返された人もいるし、もう、センターの人、好きなの選んでって気分です。

    私の場合、元レジデント保有者で、returning resident visaの取得に一度失敗したトラウマがあり、財政証明にしてもcategoryのAとD、どちらも単独でクリアできるため、万一の不備を恐れてダブルで申請するつもりでいるのですが、どうしたらいいんでしょうね・・ 余計な書類を提出して、審査期間を延ばしたくもないですし。どちらか選ばないとダメですか~と問い合わせても、これまたpointlessな回答しか得られませんでした。まぁ、申請書類を見るまで何とも言えないから、好きにしたらということでしょうか?ホント、不親切。

    oddfishandmeさんは、南西部在住ですか?実は私も過去にレジデントだったときに、somersetに数年間住んでいました。今後の居住予定地は中部なのですが、最新記事も懐かしく拝読しています^^ これからも色々と参考にさせていただきたいので、記事の更新を楽しみにしております!

    • SU07、悩ましいですよね。このリンク(Apply to join family living permanently in the UK – GOV.UK
      https://www.gov.uk/join-family-in-uk/documents-you-need-to-provide)には、状況によっては必要になる書類の例として触れられてますね。でもどういう状況で必要なのかは一切説明されていないというのがイギリスらしいです (^^;;
      配偶者ビザでは不要というのはどこに書いてあるんでしょうか?私のビザエージェントは必要と言い切ってました。
      確かに出してる人も出してない人もいますが、内容は単なるスポンサーのサポートレターです。名前と住所などを書けば良いだけの一枚ぺらの書類なので出してマイナスになることはないと思いますが… 私はビザセンターでは何も言われず受理されました。しかも私は、SU07とスポンサーのサポートレター両方出してます。

      Category AかD かですが、ダブルで申請というのは、両方の証明を出すのでしょうか。申請書類上ではcategory をひとつ選ぶ必要があると思いました。

      審査官が深く考えずにオッケーと判断してもらう、ちょっとでも疑問を抱かせないためには、証明はなるべくスッキリと分かりやすい物が良いと思います。

      例えば貯蓄の証明が、一つのイギリスの口座で基準をぶっちぎりで越えてて(極端ですが例えば1億あるとか)まず間違いなくオッケーなら、その一つの口座の明細だけで良いのに、
      わざわざ複数の口座の明細出して3億あります!と証明する必要はないでしょうし…

      “余計な物は出さない” という考えでいくと、Category A と D、どちらか証明がシンプルで済む方を選ばれて大丈夫だと思います。

      以前リジェクトされた時の原因になった事は、今回は無いんですよね。きっと大丈夫ですよ…!あまり無責任なことは言えませんが、無事取得できるようお祈りいたします☆
      もしどうしても不安なら、ビザエージェントを使うのも一手だと思います。

      > 南西部
      はい、Somerset です^ ^ はるさんは中西部なんですね〜 もしブログ始められたら是非教えてくださいね!私も色々更新してきますね〜^ ^

  17. oddfishandmeさま
    お返事ありがとうございます。Somersetにお住いなんですね!のどかでよいところですよね。英国では比較的温暖ですし!

    SU07については、聞いたことには答えずに、聞いてないことを答えてきたという前述のメール回答の中に
    Applicants only need to provide the sponsorship declaration form if they are applying as a parent, grandparent or other over 18 dependant relative of a British Citizen or someone who is present and settled in the UK.

    Applications for spouse, fiancé, civil partner, under 18 children, etc, do
    not need to complete it.
    とあったので、そうなんだ~とは思ったものの、あんな紙切れ一枚用意済みですので、あとはセンターの人の反応を待ちたいと思います^^

    財政証明、私もシンプルが一番だと思うのですが、あるだけ出した方が良いとエージェントからアドバイスされたとか、CategoryAはクリア済みで、£62,500の貯蓄はないけど、万一失業しても貯蓄で食いつなげますをアピールされた方々の話を読んで、そんなものなのかなぁ・・と思っていました。私は前回のレジデントは、就労ビザを通じて取得しているので、家族ビザのポイントが今一つ掴めていないんですよね。returning residentビザよりは明確だとは感じていますが。

    住所証明にしてもよく考えたら、私の場合、銀行口座も運転免許証も英国に残したままなので、英国の住所に合わせようと思えば可能なんですよね。でもそうしたら、今私はどこに住んでいるのか余計に意味不明ですよね。戸籍は婚姻を証明するもの、私の場合は別居婚なので現住所の証明は重要ではないなど、やはり個人で考え直す必要がありますよね。夫ともう一度よく話し合って、財政部分をどうするのか最終的に決めたいと思います。色々とありがとうございました!

  18. はるさん、
    VFS からそんなお役立ち回答があったんですね!

    結婚ビザのポイントですが、偽装結婚ではなくイギリスで暮らしていくだけの充分な資金があることだと思います。生活保護目的に移住してきて財政負担になるような外国人を排除したい筈です。
    そこで(1) 夫婦としての実態 (2) 資金 の証明が大事なんだろうと考えています。

    > イギリスの住所
    日本の住所のことしか考えてなかったですが、イギリスに実際いた時の住所はどうでしょう?
    それは既に証明するつもりだったらすみません。
    イギリスで同居している期間がおありだと思うので、(1) 夫婦としての実態の証明のためにその期間の証明はされた方が良いと思います。(1) の証明としてはイギリスにいた期間は同居の証明、別居中は電話やメールなどでコミュニケーションを取っていたことなどを証明されると思うのですが。

    category AとD、片方か両方か、どうされるにしても、ご主人のサポートレターで補足説明はできそうですね。
    両方出すなら、充分な資金があることを証明したかったから重複かもしれないが両方だしたとか、片方で出すなら、もう片方の証明も可能だから必要なら連絡してと書くとか。

  19. oddfishandmeさま
    お返事ありがとうございます。こちらこそ説明不足ですみません。イギリスの住所はすでに新居で、私は訪英時のショートステイしかしていないので、やはり証明は不要と判断しました。

    ご指摘通り、配偶者ビザは偽装結婚ではないことと、財政要件をクリアしていることが大事なようですよね。私たちはtribunalがご丁寧にrefusal letterのなかで、「二人の関係は本物である」とわざわざ書いてくれてあるので、あとは資金面を!っと、つい力が入っておりました。(ちなみに資金面は、最初からお墨付きをもらっていて、リジェクト理由にも入っていなかったのですが・・)。

    アドバイス頂いた点も、自分で言わないとどうにも気持ちが収まらないため、自分のカバーレターにモリモリ盛り込んでいたら、既にA42枚分ギッシリで、ついでに内容が重複するのも何なので、夫のサポートレターも私が書いてしまいました^^ 明日、夫とskypeするので、どのような申請方法にするか相談します。気持ち的にはAのみというシンプルな案にかなり傾いております。合理的な国ですもの、あと余計な仕事はしたくないイギリス人(いや、必要な仕事もしていないような?夫の銀行と不動産屋め!!)ですから、極力負担は減らしたいと感じています。ご相談にのっていただいたお蔭で、ずいぶん視界がクリアになってきました。改めてお礼申し上げます!

    • 2人の関係については裁判所のお墨付きなんですね。
      それにしても、2人の関係が本物で資金面もお墨付きなら、一体何が不満なんだイギリス!な、なんでリジェクトされたんでしょう?もしあまりにプライベートなことなら、スルーしてください。不躾ですみません (^^;;

      今度こそ上手くいきますようにお祈り申し上げますm(__)m

  20. 温かい応援の言葉をありがとうございます。いえ、不躾なんてことはないです。ただここでお話しても、どなたの参考にもなりそうにないので、控えておりました。しかも、当の本人の私たちも、はっきりとした理由が分からないという・・ちなみに現地の専門家からは、あとは陪審員の気分次第と言われていました。

    returning residentというのは、residentを持っていたけれど、諸事情で2年以上英国を継続的に離れた人が申請するものだと私は理解していて、現にビザセンター&英国のイミグレでも、私はこれを申請するようアドバイスされました。
    でも結局、2年以上離れている(離れすぎている!?)が一番の理由、あとは私の両親(日本人ですよ!)が、英国在住ではないとか、どうしようもないことが理由に盛り込まれておりました。

    例えば、3年までは許すけど、5年以上はダメだよ、とか、〇親等以内の親族が〇人以上英国にいないと難しいよ、というのであれば、最初からそう書いておいて欲しかったです。唯一良かったと思えるのは、夫が現地の裁判所で面談を受けたので、誠実な人間であるとか、私たちが本物のカップルであるというようなことも記載されており、ある意味これは証拠として使えるはずと、写真やメール等の証明は簡素化しようかと思っています(って、この作業自体は、他に比べると大したことないんですけどね^^)。あとは、二人の絆がより一層深まったことでしょうか。

    しかし私はこれからも、両親の高齢化とか、日本と英国を行き来する事情が減りそうにないので、今回無事にイギリスに戻れたとしても、今後のイミグレの動向を非常に不安に感じています。ですので、oddfishandme さまのブログは渡英後もvisa先輩として、ずーと参考にさせていただく所存です。どうぞ引き続きよろしくお願いします。m(__)m

    • 教えてくださってありがとうございます (>_ 気分次第
      本当にひどい… ご両親が日本在住ってそりゃそうだとしか言いようがないですね。
      もしかしたら、両親が外国にいて介護などで頻繁に、しかも長期でイギリスから出国するなら、永住権なんて要らないだろうと言いたいのかも。
      都度ビザ申請でこちらにどれだけお金や労力がかかるかはまるっきり無視。

      http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1434160434
      “両親の介護など特別な理由で、一定の期間イギリスに戻れない場合は、手紙を書いて交渉できそうです。しかし、何度もそれが通じるのではなく、結局永住権をなくしました。”
      情報が古いので今も通用するか分からないですが、イギリスを長期で出国する際は事前に正当な理由を説明したら、初回なら永住権失効は回避できたかも?

      http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=336535&id=74129281
      “2年以上ずっと英国外にいて戻らず永住権をキャンセルされていないとReturning Residentsを申請できるのですが、私のように年に1回は必ず英国に里帰りしていて、里帰り時に永住権がキャンセルされてしまうと、今度英国に住むときにReturning Residentsは申請できません(永住権はもうないってことなので)。その場合、Spouse Visaや永住権などを一から申請し直さなければならないんじゃないか”
      2年以上丸々いないのと、たまに短期で帰ってくるのでもまた扱いが違うようですね。複雑過ぎてルールを把握仕切れない 泣

      国際結婚である以上、お互いの家族のために行き来しなければならないことがたくさんあって当然ですが、こんなにルールが厳しくて複雑だと、あっさりビザを失いそう…
      決して他人ごとではないので、私もこれからも勉強しつつ、ブログ書いてきます。
      はるさんも、また何かあったらお気軽にコメントくださいね (^o^)/

  21. 突然のコメント失礼します。
    現在、イギリスにいる彼と離れたまま婚姻手続きを準備中で、その後日本から配偶者ビザを申請予定の者です。
    配偶者ビザについて、VFSや様々なサイトを調べているのですが、自分達の状況から1点不安なことがあり、質問させていただきます。
    私たちは2年お付き合いをしているのですが、同居した期間は一度もありません。この場合、配偶者ビザの関係証明にはかなり不利になるのでしょうか?

    • Accoさん、こんにちは。コメントありがとうございます^ ^

      これからご結婚とのこと、おめでとうございます!
      2人のご関係についてですが、法的に結婚してるか、2年以上同居してるか、婚約してるか、いずれかひとつに該当すればいいって書いてあるので、同居したことがなくても大丈夫ですよ。
      https://www.gov.uk/join-family-in-uk/eligibility
      You must be one of the following:

      married or civil partners
      living together in a relationship for 2 years
      engaged to be married or to become civil partners

      2人の関係の証明に、2人が映った写真や手紙、メールなど(人によってはスカイプとかの通話履歴とか) を提出する必要があります。あとは、2人共通の知り合いとかのレターや、彼のご両親とかにレターを書いてもらうのもアリです。
      要は、客観的にみて、2人の愛が本物だということ、どれだけラブラブかを証明すれば大丈夫ですよ(^O^)/

      色んな準備があってお忙しいと思いますが、愛の力で乗り切ってくださいね^ ^

      以下はご参考までに。適格性についてと、サポートレターについてです。
      https://oddfishandme.wordpress.com/2014/12/07/uk_spouse_visa_proof/

      https://oddfishandme.wordpress.com/2015/02/08/uk_spouse_visa_support_letter/

      • お返事いただいていたのに遅くなって申し訳ありません。
        前回はとてもご丁寧にご回答いただきありがとうございました!
        いただいたアドバイスをもとにいよいよ本格的にビザ申請の準備を進めているのですが、英語力の証明について質問させてください。
        上記コメントにもありますが、ケンブリッジ英検も2015年4月以前に受けたIELTSも11月以降の申請には使えない中で、将来イギリスでの就職時にも使えればと思い、改めてIELTS for UKVIのacademicを受験しようと思っているのですが、academicでもgeneralでもどちらでもいい、と書かれているブログやgeneralでないといけないと書かれているブログもあり、どちらが正しいのか迷っています。。
        もしご存知であればご教示いただけないでしょうか?よろしくお願いします。

      • こんにちは、以下のページの
        Name of test centre がBC Tokyo からBC Osaka の行を見ていただくと、IELTS (all facets)、IELTS Life Skillsと書いてあるので、General でもAcademic でも大丈夫だと思いますが…
        私は単純にAcademic が難しいのでGeneral にしただけでした(^^;;
        試験、上手く行きますように!
        https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/466639/2015-10-08_-_Approved_Secure_English_Language_Tests_and_Test_Centres.pdf

  22. はじめまして!
    私も同じく預金額証明でVISA申請予定ですが、一点質問をさせて下さいませ。

    銀行残高証明書は発行から28日以内との事ですが、戸籍謄本や住民票は特に期限の条件は無かったでしょうか?

    お手数ですが、教えていただけると幸いです。

    宜しくお願い申し上げます。

    • こんにちは、コメントありがとうございます^ ^

      2013年にVFS GLOBAL が日本語で回答してくれた時は”戸籍謄本は発効日が3ヶ月以内のもの”とのことでした。

      前にネイバーまとめに書いてた時のメモがありました。ここでは戸籍謄本以外は基本的には1ヶ月とあるので、住民票は1ヶ月以内にするのが無難かもしれません。
      http://matome.naver.jp/m/odai/2135557476289361801?page=2

      昔は電話でもメールでも日本語かつ無料で問い合わせができたのです。
      メールの問い合わせ履歴で戸籍謄本については3ヶ月以内と確認できるのですが、住民票についてはもしかしたら電話で聞いて、ネイバーまとめにメモしたのだと思います。

      もしご心配な場合は、英語になってしまいますが、ウェブの問い合わせフォームで質問してみてくださいね。

      書類の準備大変かと思いますが、頑張ってくださいね!

      • ご丁寧に回答いただきまして本当に有難うございます!

        戸籍謄本は先日取得したばかりですが、住民票は9月に取得したものしか手元に無かったので、新たに取得し直そうと思います。

        お伺いして本当に良かったです!本当に有難うございました!またご質問させていただくことがあるかと思いますが、何卒宜しくお願い致します。

  23. 度々恐れ入ります。

    ビザ申請に向けて準備中なのですが、ビザセンターでの申請時にインタビューはあるのでしょうか?主人からその様な話を聞きましたが、他では聞いた事が無かったのでご質問させていただきました。

    お時間のある時にご回答いただけましたら幸いです。

    宜しくお願い申し上げます。

    • まーさん、こんにちは!
      日本のビザセンターですよね。
      インタビュー、ないですよ。センターの人は日本人だし、親切なので安心してくださいね ^ ^

  24. 無事にビザ取得出来ました!
    アドバイスいただき、本当にありがとうございました!
    イギリスへ行ってからもご質問させていただくことがあるかも知れませんが、今後とも何卒宜しくお願い致します!

    • コメントありがとうございます^ ^ ビザ取得おめでとうございます!
      こうしてご報告いただき、私のブログもどなたかのお役に立てたかと思うと、とてもうれしいです。
      イギリスの移住、スムーズにいきますように♪

  25. Pingback: 世界一うっとおしいイギリス配偶者ビザGETまでの道のり・Part1 – Chuckom Blog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s