イギリス配偶者ビザ(UK spouse visa) と適格性

Apply to join family living permanently in the UK の 3. Eligibility (適格性)という項目を見てみますと以下のようなことが記載されています。
配偶者ビザの部分について抜粋して書きます。

あなたのパートナーもしくは家族については以下のいずれかひとつに該当

  • イギリス国民
  • イギリスに居住
  • 亡命もしくは人道的な保護によりイギリスに滞在

あなたについて以下すべてに該当

  1. 18歳以上(でなければ子供として申請)
  2. あなたと家族との関係が間違いなくイギリスで認識できる 例:婚姻があなたの国で合法
  3. イギリス滞在中、あなたかあなたの家族が相手と扶養の必要な子供をサポートでき、宿泊先を提供でき、経済要件を満たす
  4. あなたと家族が住むのに十分な場所がある
  5. もし18歳以上であればあなたに十分な英語力がある(扶養家族として申請するのでなければ)

2人の関係性について以下のいずれかひとつを証明

  • 法的婚姻関係もしくは事実婚
  • 2年は同居している
  • 婚約、あるいは事実婚について同意している

結婚歴がある場合

  • 以前の結婚が永久的に解消されていること

経済要件を満たすこと

  • あなたひとりの申請の場合は年 £18,600 以上の収入
  • あなたと子供ひとりの申請の場合は年 £22,400  以上の収入
    • 子供がひとり追加になる度に £2,400 追加

私の場合主人と日本で結婚し、2年以上同居していましたから関係の証明自体はさほど難しくはなかったと思います。
ビザエージェントからは、私のようなケースではEメールや手紙などの提出は不要といわれました。
代わりにキーとなったのは住所証明です。同居していた期間も同時に証明するために、日付、夫婦どちらかの名前もしくは連名、住所の3つが紐付いた書類が複数必要になります。少なくとも同居開始当時と申請時の住所で2人が住んでいることを証明します。
私達夫婦の場合引越しが多かったので、各住所の証明が必要になってしまいました。
もし日本で結婚、1箇所に数年同居しているなら提出書類はシンプルで良いですね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s