イギリスの夏が恋しい

日本は今日猛暑でした。もー、外歩いてると顔が溶けそう 笑

思い出すのは、イギリスの夏。涼しくて最高でした。

去年イギリスにいた時は1日だけ、25度くらいになった日があって、その日はタオルケットで寝ました。翌日からまた寒くなって厚めの掛け布団で寝たものでした。涼しいから虫もあまりいないのも、本当に嬉しい!

不便なことの多いイギリスで、涼しい夏は数少ない良いことです 笑

夏にイギリスにいらっしゃる方には、カーディガンやストールなど、気温調整しやすい格好をオススメします。

Advertisements

一時帰国時の国民健康保険加入


海外移住者が日本に一時帰国する際に考えることと言えば、日本で医療サービスを受けること。

特にイギリスでの医療サービスを受ければ、日本の良さを再実感すること間違いなし。イギリスで病院に行った時、私はタダより高いものはないとはこのことか、と思いましたよ ^^;

(最近では移民は健康保険料金を課されるようになったので、今は無料ではないけど、私がピザを取得した際は保険料はありませんでした)

とは言え一時帰国者は、健康保険なしでは治療費が高くついてしまうのが考えもの。そこで”海外 一時帰国 国民健康保険” でインターネット検索しまくりました。

発言小町とかヤフー知恵袋みたいなところでは、国民健康保険は本来日本に住んでる人のサービスだから、一時帰国者は利用するものじゃないと回答する人がいたり、自治体によっては滞在期間が短いと加入を認めないところもあるという情報もあって、私のところの自治体はどうなんだろう、拒否されたらどうしよう、と結構ナーバスになりました。

当初1カ月滞在予定の時は、期間も短いし問い合わせるのも億劫だったのですが、予定延長で2カ月滞在することに決めた時、問い合わせようと決意しました。

問い合わせてみると、税金とかかかっちゃうけどいいの? とアッサリ住民登録 and 国民健康保険加入できました。

本当は住民登録は2週間以内にするものなのにすでに1カ月経っていましたが、その点は、予定が変わったからで済みました。

国民年金は、2カ月しかいないなら加入しなくていいわ、で済みました。

(結局その後更に予定が変わって本格的に移住することになったので、国民年金も加入しなければなりませんが)

住民税は1月1日に住所がある自治体に支払うものなので、住民税の支払は来年です。

という訳で、思ったよりすんなり簡単に手続きができて即日国民健康保険加入できたので、心配するより先ずは滞在先の自治体に国民健康保険加入できるかどうか問い合わせてみると良いと思います。