料理に便利な固めの蜂蜜

砂糖代わりに蜂蜜を料理に使ってるんですが、瓶周りがベタベタしてくるのがちょっと面倒くさい。

そこで義母が勧めてくれたのが、Set honey!ペースト状になってるので、スプーンですくっても垂れません。

普通の液状の蜂蜜は、Running honey というんですね。

日本だと程よく緩く固まってる蜂蜜は売ってないので、これは便利だなぁと思いました。

…大分前に書いたこのエントリー、公開を忘れてたので今頃アップしました 汗

Advertisements

大容量の味噌を買いました

ちょっとずつ味噌を買うのが面倒になったので、大容量の味噌を買いました。
ハナマルキの業務用味噌、1kg x 2。

Ryoriten Shiro Miso Paste 1 Kg (Pack of 2)

味は普通です。日本のメーカーですし。少し塩っぱい気もしますけど、その辺は好みでしょう。
これで当分味噌に困らずに済みます^_^

前使ってた味噌は Hikari Medium Sweet White Miso Paste 400g
これは美味しいんですけど、よく食べるゆえによくなくなるのです (^^;;

海苔と違って味噌は手に入りやすくて、味も普通なので助かります。

イギリスで気軽に味わえる日本の味です。

うどんを作るなら天ぷら粉で

今日は「丸ちゃん 麺づくり うどん」を茹でて食べました。これが割と美味しくて、テスコの乾麺のうどんよりかはよっぽど美味しかったです。

でもね、丸ちゃんを買うには毎度ジャパンセンターから取り寄せるしかないので、ちょっと高いんです。

そこでうどんを自分で作ろうか、とは思うものの…
前に作った時は失敗しました。打つのも大変だったし、製麺機がないからうまく切れなくて所々分厚くなったし、煮るのにはガスじゃなくて電気だから火力が足りなくて時間がかかり過ぎました。とにかく手間がかかりすぎた (^^;;

リベンジするかしまいか悩むところですが、諦める前に試したいレシピがあります。

PHILIPSのヌードルメーカーで天ぷら粉のうどんを作った っていう記事を前に読んで、ヌードルメーカーはないけど天ぷら粉でうどんを作るのは美味しいらしいっていうのを覚えてました。

ほら、実践した人もいるし。↓
うどんは天ぷら粉で打った方がいい
天ぷら粉メーカーさんがレシピ公開してくれてるのも心強い。しかも、小麦粉で作るよりコネコネする必要がないみたい。
昭和産業株式会社 手打ちうどん

テスコで天ぷら粉が売ってるので、今度試したいと思います!

今月の口福

お米が切れたので、 ジャパンセンターでオンラインショッピング。

今回買ったのは…

  • 富山産のお米
  • サトウの切り餅
  • 小豆缶
  • 丸ちゃん正麺 うどん
  • 明星 蕎麦
  • おいなりさん

日本米と醤油、味噌、餅、小豆、おいなりさんはほぼ毎月リピートしてます。

イギリスにいても日本の味はどうしても恋しくなりますね。特に日本米と醤油は欠かせないです。

私にとって日本の味は、イギリスの暗い冬を乗り切る心の安定剤です 🙂

簡単グレイビーソースの作り方

毎週日曜日はサンデーロースト。かなり高頻度でローストチキンを作るので、大分慣れてきました。

今日は簡単なグレイビーソースのレシピをご紹介します。

用意するものは丸鶏から取り除いた脂、テーブルスプーン1杯分の小麦粉、ティースプーン1〜2杯のマーマイト(またはお醤油)、水適量、塩少々です。

以下、手順です。

1. 丸鶏のお尻の辺りの余った皮や脂を切り取ります。

2. 中火でこんがり炒めて、油分を抽出します。炒めた皮は捨てます。いや、本当は鳥皮せんべいみたいに食べてます 笑

3. オーブンで焼いている丸鶏の天板の上に溜まった水分を鍋に加えます。

3. テーブルスプーン山盛り1杯分の小麦粉を加えて混ぜます。

4. お湯(付け合わせ野菜を茹でた際の茹で汁があれば尚良し) を加えて、クリーム状にします。

5. マーマイトをティースプーン1杯か2杯加えて混ぜます。塩気が足りなければ塩少々。
※ マーマイトはあくまで色・風味付けのためなので、日本なら勿論お醤油でオッケーです!

6. ソースボートに入れて完成!

ローストチキンと合わせてどうぞ。

日本にいた頃はローストチキンなんて1度しか作ったことがなかったし、クリスマスに食べる物という印象が強かったです。

今や毎週のように食べていますが、見た目は豪華な割に作るのは意外と簡単だし、家族皆大好きな料理なので重宝してます。

今回はソースの作り方しか載せなかったですが、ローストチキンのレシピもその内にご紹介しますね 🙂

豆のお菓子が食べたい

日本ではあんこをよく食べてました。
おまんじゅう、どら焼き、たい焼き。冬には大福を炙ったり、お汁粉も良く作りました。

小豆ラブ。豆の素朴で自然な甘みがお茶に良く合う!チョコレートよりもヘルシーなんじゃないかと、罪悪感が少ないところもポイント。
でもイギリスだとスーパーに小豆がないんです。ジャパンセンターから小豆缶を買うと高いし。

そこで、イギリスでも手に入る豆で、お菓子作りに使えそうなものはないかと見てたら、BUTTER BEAN がありました。白インゲン豆なんですね。

いくつか気になるレシピをメモ φ(・ェ・o)

柔らかく炊くのは時間がかかるから、水煮缶を買っても良いですね。

違うお米を試してみた

ジャパンセンターで前回と違う、ちょっとだけ安いお米をかってみました

お米用の計量カップを移住時に持ってき忘れて大分不便でしたが、先日の一時帰国時にゲット。これがあるのとないのとでは大違い!

水加減は間違えてないはずなのに、何故かかなり柔らかくなりました。料理人はその日の湿度で水分量を変えるというけど… 次回はお水少し控えめにしてみよう。
今回のお米は、炊き上がりの香りがあまりしませんでした。不味くはないけど、次買うなら前回とら同じにしようと思います。

お稲荷さん、うまし!