6ヶ月ぶりのイギリス イミグレはどうだったか

2歳児連れのフライトでボロボロになりながらも、やっと来ました 🙂

空港ではクリスマスツリーがあって、さすがイギリス、気が早いなと思いました。この感じが懐かしい。

6ヶ月くらい帰ってなかったから、空港でイミグラントオフィサーになんか言われるかと不安でした。

案の定、イギリスにまだ住んでるの?と聞かれたので、ノーと答えるとちょっとびっくりした顔をされました。

いつからいないの?4月下旬からです、今回は3週間滞在なのね?はい。

こんなやり取りをして終了。

まだ住んでるのと言われてノーと答えるのには、ちょっと勇気が必要でした。

夫とは何回も話して、自分たちのためにも子供も教育のためにも、イギリスより日本が良いと判断しました。

でも将来何があるか分からないし、事情が変わってイギリスに帰らざるを得ない事態にならないとも限らない。

空港で答えたノーが将来にそこまで影響する訳もないだろうし、事情が変わればその時はその時です。

それでも改めて意思を問われると、ゴクリ… と緊張します 汗

とりあえず入国できて良かった。ビザ一応あるし、ビザなくたって観光でも3週間なら何にも問題無いはずだけどほら、イギリスのイミグレだと何があるか分からないので…

彼氏とクリスマスホリデーを過ごしに来たと答えただけでリジェクトされた人もいるし。ビザがあるのに根掘り葉掘り聞かれて嫌な思いをした人もいるし。オフィサーによって当たり外れがあるから油断できませんから。

空港からはタクシーで義実家へ。親子全員爆睡です。子供は時差ボケで変なタイミングで寝たり起きたりしてるけど、イギリス時間の夜10時以降大体寝ているので、朝普通に起こせば時差ボケも解消できそう。

日本にいる間あれだけ寂しいとか言ってた義母は、早速要らんことを言って私達夫婦揃ってイラッとしたり、これからしばらく無事に過ごせるのか大いに不安です 笑

いろんな問題がありますね、やれやれ。

Advertisements

人生は予想外のことばかり

1か月滞在の予定を、もう少しいようと帰国日を延ばし2ヶ月弱滞在し、さぁ今度こそ帰ろうかと話していたところに突然現れたのが、この子です。

子供が主人と散歩に出掛けたら捨て猫を見つけて、連れて帰ってきてしまいました ^_^;

と言うわけで帰れなくなりました 笑

元々候補地の住み心地を確かめに行こうという話で、本当に移住するかは決めてませんでした。2ヶ月弱の滞在を終えて、最終的には2人共日本に移住で良さそう… だよね? という結論にはなったものの、一旦はイギリスに帰って義両親に話し、イギリスにある荷物をまとめたりする予定ではいました。

その”一旦は戻る” 予定をキャンセルしたので、いつイギリスに戻るかはハッキリ決めてません。多分秋頃かな。

夫婦揃って自分達の決断には今ひとつ自信がありませんでしたが、猫が決断した形ですね ^..^

本当なら今日、羽田空港から飛び立っていた筈だったのが、日本の田舎で猫を抱いています。

人生は予想外のことばかり。

印鑑で詰んだ

困ったことになりました。

日本の仮住まい宅のガス料金の口座振替申込書を見たら、振替元銀行が限られてる。

主人のSBI住信ネット銀行口座を使おうと思ってたのに、使えない!

私の口座を使うには、印鑑が必要なんだけど、使わないと思ってたから持ってこなかった…

いっそ主人で新規口座作ってしまえばと言っても、在留カードの住所が海外転出前の住所だから多分無理。

まずは東京に行って戸籍謄本取ってきて仮住い宅地域の役所で転入届出して、在留カードの住所を書き換えてもらって、それから主人の口座を作って… それか私の口座の印鑑を変更するか。でも新しい印鑑買うのに、印鑑屋さんがない ^^;

それか、イギリスで義母に寝室に入ってもらって印鑑を探してもらい、日本に送ってもらうとか。嫌だー(>_<)

スムーズに行かないことが多くてグッタリ…

でも仮住い宅の地域はいいとこです。車がないと本当困るけど^^;

誰の参考にもならない一時帰国前の準備

今回の一時帰国では仮住まいの家に1か月滞在するので、色んな物を買い揃える必要があります。

前に住んでた方の荷物が残っていて、どのくらい使える物があるかまだ分からないのです。事前に写真見たら、調理器具、食器類、カトラリー、炊飯器やら洗濯機はあったのですが。使えたらいいなぁ。

あくまで1か月の仮住まいなので、揃える物は最低限に。

考えておくこと、調べておくこと

  • 自宅からヒースロー空港までの交通手段 – タクシー手配
  • 羽田空港から仮住まい宅までの交通手段 – 1時間だけバス、あとは知人に車で送ってもらう
  • 羽田空港からクロネコヤマトでスーツケースを発送するか – 最大限日本に手持ちで荷物を持ってくので、大きなスーツケースは宅配便で送る
  • 子供のカーシートを事前に買って羽田空港郵便局留にするか、仮住まい宅で受け取るか、はたまた実家に送るか – 日本に着いたらとりあえずはバスなので、カーシートは仮住まい宅に送る
  • レンタカー – 帰国当日はしない。滞在中必要ならする。出来れば格安の…

イギリスから日本に持っていく物

  • 箸類 – イギリスに良い箸を持って行ったけど、結局ほとんど使ってない
  • 衣類 – イギリスで着てない物を全て持って帰る
  • イギリスで集めた茶器類 – ステンレス製など割れない物を中心に
  • 書籍

日本で買い、イギリスに持ち帰りたい物

  • 上質な海苔
  • 胡麻油
  • 醤油
  • せんべい

必要な物

  • 布団セット – 購入済み
  • バスタオル、フェイスタオル – 実家に不要なものを送ってもらう
  • シャンプー、コンディショナー、石鹸、歯磨き粉 – アマゾンで到着前日に手配
  • 洗濯洗剤、食器洗剤、漂白剤、シンク磨き – アマゾンで到着前日に手配
  • 新しい靴下やレギンスなど – アマゾンで到着前日に手配
  • 子供のオムツ – アマゾンで到着前日に手配
  • コーヒーメーカー  – 購入済み
  • 調味料(塩、砂糖、醤油、味噌、酢、油) 、食材(米、餅、薄力粉、うどん、紅茶、コーヒー) – 現地調達

手続き

  • 電気・ガス・水道契約 – 知人が代理で手続き完了
  • モバイルインターネット申込 – 空港受取手配済み
  • 実家に仮住まい宅の住所を知らせる – 連絡済み
  • 大家さんに挨拶、契約書にサイン – 完了
  • 戸籍謄本取り寄せ – 完了
  • 転入届 – 完了
  • 国民健康保険加入 – 完了
  • 電気、水道の口座引落申込 – 帰国後
  • インターネット回線手配 – 工事待ち
  • 主人の友人 アメリカ在住が日本の銀行に残したお金をおろす – 帰国後

雑記

ほとんど1か月くらい旅行していて、すっかり更新が遅くなりました。

旅行の後半はひたすら風邪、自宅に戻ってきてから徐々によくなってますが、まだ治ってません。

子供は私の風邪はすべて受け取ってしまうので、子供も同じく回復中です。

旅行では、ずーっと行ってみたかったストークオントレントに行きました。そこからもう少し北上してアンティークセンターにも行きました。本当に最高でした (^O^)/

その後アメリカのサンフランシスコに行ってきました。あちらは常に天気が良くて爽やかで、人は気さくだし(知らない人が話しかけてくる率がイギリスよりも高い)、イギリスとは間逆でした 笑 もちろん、どちらもそれぞれの良さがありますね。

そうそう、アメリカの日系美容院で髪型がおかしくなって絶望し、ロンドンの日系美容院で切り直しました。サロンのはしごです 笑 ロンドンの美容院はバロックというところで、すごく良かったです (^O^)/

ストークオントレントのこと、アンティークセンターのこと、アメリカとイギリスの日系美容院のことなど、書きたいことはあるものの、まだ本調子ではないので、のんびりしながらまた更新してきますね。

盛っちゃう? 貴婦人の間で流行した盛り髪に挑戦!

貴婦人の髪を自分好みに盛りまくれるサイトをイギリスの博物館が公開 日本人に発見されたらヤバそう を読みました。

英・ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館が、18世紀末にヨーロッパの貴婦人の間で流行した「盛り髪」をネット上で作成できる特設サイトを公開しました。

http://www.vam.ac.uk/designawig

あれ、これなんか最近見たことあるなと思ったら…

昇天ペガサスmix盛りだ!

18世紀ヨーロッパの貴婦人の流行を取り入れるとは、ギャル恐るべし(違)!

それにしてもファッションって、忍耐ですねぇ。

ドイツのお土産

先日主人がドイツに旅行してきました。何か参加したいイベントがあるとかで主人だけ。

買ってきてくれたお土産がこちら。

ケーキはアーモンドペーストとケシの実たっぷりで、甘さ控え目でした。ずっしりしてていかにもドイツな感じが良かったです。

ドイツ、ちょっと行きたかったな。
日本旅行で子連れのフライトは懲りたけど、どっか近場の国だったらなんとかなりそう。

せっかくイギリスにいることですし、今年はヨーロッパ旅行したいです。