ビザステッカーから認証情報を含む滞在許可証「バイオメトリックレジデンスパーミット(BRPs)」への切替

2015年5月31日以降、日本からの英国ビザ申請で、滞在が6ヶ月以上の非EEA国籍者に対して、生体認証情報を含む滞在許可証「バイオメトリックレジデンスパーミット(BRPs)」が発行されることになりました

これまではビザ有効期間が満期でカバーされるステッカーがパスポートに貼られましたが、これからは30日間の入国許可を記したステッカーがパスポートに貼られ、イギリスに入国後10日以内に郵便局でBRPカードを受領しなければならないのです。

イギリスへの移住がますます難しくなりましたね(^^;; 引越業者の手配やら日本国内の手続やら、かなり計画的にしないと30日の有効期間が切れちゃう。

さて、このBRPカード。2015年5月31日以前にビザ申請した私には無縁だと思ってましたが、今持ってるパスポートに貼られたステッカーから、BRPカードへ切り替えが可能のようなのです。
Form to transfer an existing visa to a biometric residence permit if you are already in the UK

上記のページには以下のように書いてあります。

The form is to apply to transfer that permission, usually because you have a new passport. This is known as a transfer of conditions (TOC).

通常はビザが期間満了する前にパスポートが切り替わっちゃう場合に申請するもの、とあるので、皆が皆必要な訳ではないですね。

Get a biometric residence permit (BRP) というページの”1. Why you need a BRP” の箇所にも、これから来る人やビザを延長する人、パスポートの切替って書いてあります。最後のHome office travel documents っていうのが謎ですが…

パスポートの切替のページを見てみます。Transfer your visa to a new passport には太字で以下のように書いてあります。

You don’t have to transfer your visa – you can carry both your old and new passports when travelling to or from the UK instead.

古いパスポートと新しいパスポートを持ち歩けばいいから、ビザを移動させなくても大丈夫と書いてあります。

うむ… ビザステッカーからBRPカードの切替は、通常は新規のパスポートを入手した時。でも、新旧両方のパスポートを持ち歩けば大丈夫なので、ビザ情報を移動させなくてもよい、つまりBRPカードに切り替えなくても良い、ということですよね。

またか、またしてもしなくてもいい手続で私たちを混乱させのね、イギリス…

私はビザ期間満了前にパスポートが切れるので、多分そのタイミングでBRPカードに切り替えると思います。

イギリス配偶者ビザ収入要件緩和の嘆願を出しましょう

移民向け情報サイトでこの嘆願フォームを見つけました。
Petition – Allow British families to stay together by removing minimum income requirements.

愛する人と結婚し、ただ一緒に暮らしたいだけの家族が、違法に入国する人々や不法滞在の巻き添えで引き裂かれるようなことがあってはならないと思います。
お知り合いにイギリスにお住まいの方がいらっしゃったら、是非署名お願いいたします!

随時更新: 2015年4月以降にビザを取得された方のブログ

2015年4月以降は配偶者ビザ取得者にNHS 健康保険代(health surcharge) を支払わなければならなくなったり変化がありましたので、他にも私の申請した時とは違うルールがあるかもしれません。
ですので、2015年4月以降に配偶者ビザを取得された方のブログを調べてみました。新しく見つけたら更新しますね。
これから申請する方は、最新のブログもチェックされると良いかと思います 🙂

イギリス配偶者ビザ 提出書類(2015年8月に取得したイギリス配偶者ビザの提出書類)

*Lovely! London Life* 配偶者ビザ(2015年7月申請)
こちらのBRPカードの受け取り という記事で、2015年5月31日以降の申請者から入国後に10日以内にPost Office にBRPカードを受け取りに行かないとビザが無効になるとか、新ルールができていたのを知りました。本当に、数か月申請時期が変わるとルールがかなり違うことがあるんだなぁと驚いています。

世界一うっとおしいイギリス配偶者ビザ(スパウスビザ)GETまでの道のり・Part3 (2015/4/7申請)

イギリスへの移住前に知っておきたいこと

3月下旬にこちらにきてから、あっと言う間に3カ月が過ぎてました。実体験を通して、移住前に知っておけば良かったことなどをまとめてみました。

■ 住環境
こちらでは義両親と同居で、始めから住環境は整っていたので、あれがないこれがないとか、その辺で苦労することはありませんでした。なので、不動産契約とかテレビの契約などの手続きに関してはノータッチです。

  • こちらでは多分ユニットバスがスタンダードだと思います。誰かがお風呂入るとトイレ使えないので不便です。
  • 水道の蛇口は熱いと冷たいのが別でとても不便。 イギリスの水事情
  • キッチン道具が日本と違うかもしれないので、移住前にイギリス人パートナーに聞いておくのが良いです。 イギリスのキッチンと道具たち
  • 洗濯機が日本のとまるで違います。ウールやシルクはズタボロになる可能性が!無駄にいろんなモードがあるので、実験的に色々試すと良いと思います。 日本人が一度はやってしまうらしい失敗
  • コンセントが3穴。電圧も違うので、日本の家電はそのまま使えません。どうしても日本から持って来たい家電があるなら、変圧器も用意しましょう。

■ 気候
夏になっても涼しくて、いわし雲が見えるので秋のような気分です。たまに暖かい日があると嬉しくなります。そんな訳で蚊やG、蝉やコオロギを見かけたことがありません。虫嫌いなので、助かってます。

  • 雨がよく降ると言いますが、年によります。今年はいつもより雨が少ないそうです。
  • イギリス人は雨が降っても傘をささないので、お店の入り口に傘立てがありません。お洒落なレインコートを用意すると良いかも。私はエーグルのゴアテックス ステンカラーコートを移住前に買いました。雨が降ってなくても薄手のコートとして着られるので便利です。
  • 年によっては暑いこともあるそうですが、基本的には夏でも涼しいです。昼間は半袖だとしても、夜には長袖が欲しくなる日もあります。移住時期が夏でも、カーディガンやストールなど、温度調整しやすいアイテムは持っていた方が良いです。 イギリスの夏
  • イギリスの花粉症は6月!比較的寒いこの国では6月くらいに花が咲いて草木が生い茂ります。芝生の花粉症もあるそうです。
  • 冬でも湿気が酷い‼︎ 除湿対策を事前にしておかないと、ありとあらゆる物がカビます… これは日本の梅雨とは比べ物にならないくらい酷いです、本当に(^^;;

■ 医療
私のGP は早口の英語なので、何を言ってるのか理解するのに苦労しました。情けないですが、Surgery に行く時はいつも家族に付き添ってもらいます。一応、翻訳の手配も可能のようです。
日本だと予約なしでいつでも好きな病院を選んで気軽に行けたので、それと比べたら不便で仕方ないです。

  • 最初のGP 登録で住所証明が求められて、移住直後では住所証明に使える書類がなくて困る可能性があります。Counsil tax の支払名義や銀行口座の名義などをイギリス人スポンサーとあなたの共同名義に変えておいてもらうなど、公的機関からの手紙をあなたの名義で受け取れる方法を移住前に検討しておいてください。もしできない場合は、移住してから即銀行口座を開いて、口座開設や残高証明を手紙で受け取れば良いと思います。 GPについて
  • 診察してもらうのに、事前に予約が必要。緊急でない場合は、数日から数週間先になる場合もあります。
  • GP はあくまでGeneral doctor なので、専門的な分野になるとSpecialist に回します。この判断を的確にしてくれたら問題ありませんが、適当に判断して専門家に回してくれないことも…

■ 子育て
行政の育児サポートは、今のところ、あまり充実してるとは思えません。イギリスで出産していれば、子供の検診や予防接種の情報などスムーズに取れたかもしれないんですが、私たちは途中から来てるので、まったく情報がなくて困ってます。

  • イギリス生まれでなくてこちらのRed book(母子手帳) がない場合は、Surgery でもらいましょう。
  • ローカルなママグループがあるので、参加して色々教えてもらうこともできます。(私は人見知りかつ英語に自信がないので、たまに行く時は義母か主人についてきてもらいます 笑)
  • 赤ちゃんの定期検診は、医者や看護師でなくて、普通の職員が体重測定、雑談で終了。いつから歩き出したとか、発達に関する質問はなし。あまり行く意義が… 汗

■ 地域

  • 田舎では日本人はほぼいないです… 都会の場合は日本人グループがあるかもしれないので、移住前に確認しておくといいと思います。Facebookやミクシィのコミュニティーなどで情報収集するのも便利です。
  • カレッジが近くにあれば、無料の英語レッスンがある可能性あり。 地元で無料の英語レッスンがありました

■ 食

  • 日本食品はテスコなどの大手スーパーでも多少はありますが、ジャパンセンターや、らいすわいんといったお店のオンラインショップでも取り寄せはできます。
  • お米は日本米はありません。イタリア米がSUSHI RICE として売られています。一度日本米とあるものを食べたことがありましたが、本当に日本米か?というような臭さでした。 日本米については諦めモード

■ イギリス人
基本的には皆フレンドリーです。リラックスしてる印象。人種差別には一度も遭ってません。

  • 行政窓口や、一般企業のカスタマーサポートは、不親切なのがスタンダードと思っておくと幸せになれます。電話を折り返すとかeメールを送ると言ったのに音沙汰なしとかは普通。イギリス人の主人ですら対応に苦労してるので、外国人だから差別で適当に扱われるということはないです。ただの怠慢です 笑 押しの強さが必要です。負けないでください >_<

こんなところでしょうか。また何か思い出したら追記します。

登録旅行者サービスの案内がBorder force から来ました

UKBA から業務を引き継いだBorder force から”Registered Traveller service” の案内Eメールが来ました。
配偶者ビザを申請した時に登録してたEメールアドレスも、こんな風に活用されるんですね。

Registered Traveller service は限られた国の国民を対象に空港入国審査を簡素化するサービスです。
サイトを見てみますと、オーストラリア、カナダ、日本、ニュージーランド、アメリカ国民で18歳以上の人で、
ビザを持ってる人や仕事や観光などで頻繁に訪れている人も申し込めるそうです。
たったの5カ国の中に日本が入っているのは、日本への信頼が高いようで嬉しいですね 🙂

メリットは、eパスポートゲートを利用できること、ファストエントリーレーンを通過できること、その他メールには入国カード記入不要、審査官のインタビューが無しって書いてあります。

申請料金は70ポンド。 

私は頻繁に日本とイギリスを行き来しませんし、たまに行き来しても主人と子供と一緒なので、多分UK / EU の列に並べてしかも最前列に入れてもらえます。前回もそうだったし。子供が小さい内は当面そうしてもらえるんじゃないかな〜。なので私は申し込みません。

頻繁に行き来する人には便利そうですね。

日本に一時帰国した時に行きたい免税店 (東京)

個人的な好みで偏ってますが、東京の免税カウンターがあって買い物しやすいお店を、自分用のメモとしてリストアップしてみました。

他にも見つけたら更新します。

アナログな両親に孫の写真を無料で定期的に送る方法

両親が初めて孫に会った時、今まで見たことがないくらい喜んでくれました。が、子供がまだ1歳にならない内に私と子供はイギリスへ…

超アナログな両親はネットなどあまり使いこなせないので、印刷した写真が欲しいと言います。そんな中で、無料で印刷された写真を日本に送る方法があります。

Famm というiPhone・iPad 対応のアプリがあって、子供の成長記録として写真を保存できるだけでなく、毎月一枚無料でフォトカレンダーを送ってくれるサービスがあるのです。

無料フォトカレンダーの宛先住所を両親宅に設定しておいて、子供の写真をアプリにアップしていけば、自動的に毎月アプリ上の写真を選んでカレンダーを自動生成して発送してくれるので、送り忘れてしまうこともありません。勿論自動生成のではなく自分でカレンダー用の写真を選ぶこともできます。

個人的には、送料も無料なのが凄いと思います。フォトカレンダーっていうのも、割と実用性があっていいですね。

子供が一番可愛い時に孫に会わせてあげられないのは申し訳ないのですが、せめてこうして写真を送って子供の成長を見せてあげたいと思います。両親も毎月届くのを楽しみにしてくれてるので、Famm 様々です!