子連れの長時間フライトを救ってくれた神アイテム

日英間のフライトはダイレクト便でも12時間はかかります。

ちょうど良い時間のフライトなら、乗ってすぐに寝る時間になり、目覚めたらほぼ現地、となりますが、そんな都合のいいフライトばかりでもなく…

いつもANA で日本からイギリスへ行く時は、お昼頃の出発です。ご飯を食べてから昼寝… とここまではいいのですが、それから夜までの時間が地獄です 😦

行きはスケッチブックやクレヨン、おもちゃなんかを持って行きましたが、あめり時間がもちませんでした。やっぱりすぐ飽きちゃいます。

帰りはもうちょっと何か変わった物を持ってこうと考えて、こちら↓を事前に用意しました!

Play-Doh Sweet Shoppe Cookie Creations

粘土です!これを出発前日にAmazonプライムで入手しました。ギリギリ 汗

こちらは小さな土台が付いてて、そこの中で粘土を押し付けるだけでお花や蝶々などが作れます。

勿論飛行機の中の小さなテーブルの上で粘土をローラーで伸ばして型抜きもできます。

このセットはサイズがちょうど良かったです。

うちの2歳児は少しも飽きずにずーっとこれで遊んでくれて、本当に助かりました。

小麦粉で作る手作り粘土と違って、へばりついたりしないので、飛行機の中でも安心して遊ばせられます。

日本のAmazonだとこれなんか良さそうですね。


ねんDo! ねんどでおべんとうセット

皆様の子連れフライトが少しでも楽になりますように 🙂

身軽に移動 自宅から空港へ荷物を送るなら

いつもANA を使ってるのでANAがクロネコヤマトと提携しているANA空港宅配・手ぶらサービス といつのは知ってたのですが、思えばANA 以外の航空会社であっても、クロネコヤマトや郵便局を使えば空港まで荷物を送り届けてくれるサービスはありました。

クロネコヤマトも郵便局も、自宅・国内空港間で荷物を送り届けてくれます。

ANA空港宅配・手ぶらサービス は日本から海外に出発する際、日本国内の空港カウンターではなく、行き先の国外空港で荷物を受け取ることができるのと、ANA マイルが貯まるのが便利です。

JAL 手ぶらサービス も同じように海外空港で受け取れるんですね。

荷物がちょっと多いという人にも、子連れでバタバタしてる人にも、便利なサービスです。