イギリスから日本への海外引越を安く済ませる

以前クロネコヤマトの国際引越 船便で日本からイギリスへ荷物を運びましたが、日本に戻ることになり、またイギリスから日本にある程度荷物を戻す羽目になりました ^^;

元々日本にまた戻るつもりではなく、1、2か月のホリデーの予定で一時帰国したのに、そのままずるずると日本に住み、やっぱり日本に帰ろうということになったんです。

だから、前回の一時帰国時には全然日本に荷物を持ち込みませんでした。今思えば惜しい…

今回は2歳児も法令上航空券を買わなければいけないので、ANA だと親子3人エコノミーでスーツケース6個までは無料で運べます。1個当たり23kg まで。スーツケースを6個も用意してられないので、段ボール箱でぎゅうぎゅうに詰めます。

23kg × 6個っていったら結構な量です。これを無料で日英間で運べるならお得。でもどうやって空港まで運ぶの…?

という訳で6人乗りのバン(Van) を手配しました ^^;

後ろに乗り切れない分は座席へ。

車から降りた後、3台のカートで重い箱を運ぶのは大変でした。車の乗り降りするスペースから空港内まで荷物を運んでくれるサービスは、1カート10ポンド。この日はあまりに荷物が多いし頼もうとしたのに、誰もいませんでした。見兼ねた空港職員の人が、無料で手伝ってくれました。その人は”本当はやっちゃいけないんだ。見られたらヤバイ!” ってキョロキョロしながら手伝ってくれました。優しさに涙!

そして羽田空港に着いたら、到着ロビーにある宅配サービスコーナーで全ての段ボール箱と、手持ちの荷物の送れる分は全て自宅へ発送。

すっかり身軽になって、帰宅しました 🙂

さて、どうしてタクシーなのかですが、電車や格安バスと比較してもメリットがたくさんあります。

義実家はヒースロ空港から遠く、電車で行くには3時間超かかる上に、値段が高いです。パディントン駅に着いてから空港に行くのにまたエクスプレスに乗ったり、直通ではいけません。

格安バスでロンドンまで行く手もありますが、子供が小さく長距離バスは難しいです。

そして当然電車でもバスでも、こんな大荷物は運べません。

タクシー(今回はヴァン) を手配すれば、値段は電車よりちょい高だけど空港まで直行できる上に大荷物は運べて、電車より1時間程度早く着くし、何より家族全員快適に移動できます。

国際引越便で日本に船便で届ければ1ヶ月は待つ上に、値段も10から20万(荷物の量による) かかります。
飛行機に持ち込めば1ヶ月も待つ必要ありません。あと、書類も色々面倒ですね!

荷物の量、移動の便利さと、トータルコストを考慮した上で、イギリスでは空港までタクシーで行くのが便利でした。

でこれ、何故イギリスから日本への引越に限定した話かというと、イギリスの空港には宅配サービスが一切ないからです 😦

日本だと空港にありとあらゆるサービスが揃っていて至れり尽くせりです。空港に着いてから空港内で、大量の荷物を自宅に発送できるからこそできることですね。

日本って色んなことが便利だなぁ。

Advertisements

イギリスへ一時帰国

もう日本に帰ってから5ヶ月になりました。

苦労して取ったイギリスの配偶者ビザの甲斐なく、それでも快適ではある日本の生活を満喫しています。

面白くないのは義両親。いつ帰ってくるんだ? としょっちゅう聞かれています。義両親のため… 年末辺りにひと月くらいイギリスに行くことになりそうです。たまに行く分には嬉しいものですし、結構楽しみです 🙂

今から忘れないように、買うものなんかをメモ。

イギリスに行ったら買いたいもの: 紅茶大量ボックス、ステムジンジャービスケット、リコリス菓子、オールドウィローのティーセット、ウィリアムモリスのテーブルクロス、ビンテージ雑貨類、英語の絵本、子供服

イギリスに行ったら忘れずに持って帰ってくるもの: お気に入りのティーセット、トレー、ビンテージの鏡、冬服、靴、日本語の本

ひと月イギリスで生き残るために日本から持ってくもの: 米5kg、餅、醤油、出汁

やること: 近所のカフェ、ティールーム、チャリティーショップ、アンティークセンターを回る、しばらく会ってないママ友に会う、そして義両親孝行… 

航空券もそろそろ買わないと。結構ワクワク!

印鑑で詰んだ

困ったことになりました。

日本の仮住まい宅のガス料金の口座振替申込書を見たら、振替元銀行が限られてる。

主人のSBI住信ネット銀行口座を使おうと思ってたのに、使えない!

私の口座を使うには、印鑑が必要なんだけど、使わないと思ってたから持ってこなかった…

いっそ主人で新規口座作ってしまえばと言っても、在留カードの住所が海外転出前の住所だから多分無理。

まずは東京に行って戸籍謄本取ってきて仮住い宅地域の役所で転入届出して、在留カードの住所を書き換えてもらって、それから主人の口座を作って… それか私の口座の印鑑を変更するか。でも新しい印鑑買うのに、印鑑屋さんがない ^^;

それか、イギリスで義母に寝室に入ってもらって印鑑を探してもらい、日本に送ってもらうとか。嫌だー(>_<)

スムーズに行かないことが多くてグッタリ…

でも仮住い宅の地域はいいとこです。車がないと本当困るけど^^;

春頃ビザ申請費用がまた値上げ

毎年この時期になると何かしら大きな変更がありますが、またもや申請費用の値上げです。
New immigration and nationality fees for 2016 to 2017

値上げは4月までに議会で成立後に適用、

Specific fee changes for 2016–17 will apply after further legislation is laid in Parliament by April this year.

配偶者ビザなどの申請費用は25% UP。

fees for settlement, residence and nationality will increase by 25% in 2016–17

申請費用以外にも何かしら変更点があるかもしれないので、要注意です。

申請は出来ればお早めに…

EEA family permit に関する疑問

Apply for an EEA family permit – 3. Documents you must provide を読む限り、収入に関する書類は求められていないと思うのですが、EEA family permit を申し込んだ日本人の方のブログを読むと皆様バンクステートメントとか、雇用者からのレターとか提出されています。

何故でしょう??

今EEA family permit について勉強してるのですが、混乱してます (*_*)

イギリス人配偶者でもEEA family permit に申し込める!?

先日主人がイギリス人の知人と話してたら、その方の奥さんも日本人で、EEA family permit を取得したと聞いたそうです。

あれ、イギリス人の配偶者は、Family ビザ(配偶者ビザ) じゃないの!? と思って詳しく聞いてみると、Surinder Singh ルートがあるとか。何だそれ〜!

EEA family permit は申請料も無料だし、待遇が配偶者ビザより遥かに良いので出来ることならそっちが良いですよね。

ざっくりと読むと、イギリス人配偶者と共にイギリス国外のEU圏でしばらく住むことが条件。
知人によると、3ヶ月程度住んでることになってれば良いらしいです(要確認)。

イギリス人の方がもし、時間に融通の利く自営業なら、3ヶ月間だけと割り切って必要最低限の荷物でアイルランド辺りに住んでみるのもいいかもしれないですね。ちょっとしたバケーションだと思って。

ビザのルールは複雑過ぎで、色んな方のブログを読んで勉強しましたが、最初はイギリス人配偶者ビザのことしか頭にありませんでした。
EEA family permit なるものがあるということも、随分後になって知りました。

そして今月、主人の知り合いからの情報で、イギリス人であってもEEA family permit に申し込めるルートがあるということを知りました。
住まなければならないから、決して簡単ではなけど、ひとつの方法です。

これからもまだまだ知らないことが出てきそうだけど、色々調べてこうと思います。

海外移住者には他人事じゃない老後のリスク

大人になってから習得した言語は痴呆になると忘れてしまう というTwitterを読みました。

    老後どこで暮らしてるのか全く分からないし、日本国外である可能性もありますから、こんな状況になったらと想像してちょっと怖くなりました (*_*)
    今でも英語で苦労してるんだから、痴呆になったら真っ先に忘れる自信があります。

    このTweet が気になりました。国籍って、復活できるの?!
    でも国際結婚の場合、自分が日本に戻りたくても配偶者は置いてけないですから、こうはいかないですね。

    国籍まで取って米国に移住した日本人夫妻の知人がいるのですが、奥様が病院でそのような方々のお世話をするボランティアをしているうちに自分の身に置き換えて怖くなり、70歳近くなってから日本国籍を復活させて日本に戻りました。

    改めて移住って、本当に大変なことなんだなと思いました。
    先々のことまで考えて準備していかないとですね。