eMail の問い合わせですら有料になったイギリスのビザ

皆さまはこちらのニュース、もうご覧になったでしょうか。

Customer enquiry service changes

customers who contact UK Visas and Immigration by email will be charged £5.48

国外からの問い合わせに適用されます。

There are no changes to services if you are contacting us from inside the UK.

かつては電話の問い合わせは無料だったし、日本語で対応してくれていたのに、移民への対応は厳しくなる一方です。

千円も払ってまともな回答をくれるとも限りませんし、不安になりますね。

ビザに関する書類を集めていた時、先輩方のブログにはとても助けられました。どんな書類を出したとか、問い合わせをしたらこんな回答が来たとか、具体的な事例を知ることができて凄く助かりました。

最近はビザ取得への道のりがどんどん険しくなって来ていますので、皆さまにおかれましては是非情報共有のためにもブログを書いたり、本ブログにコメントいただけますと大変助かります!

日本に帰ってきてしまったのでビザ関連で更新することはほとんどなくなってきてはいますが、これからも何か気付きがあれば共有していきますので、今後ともよろしくお願いいたしますm(._.)m

Advertisements

春頃ビザ申請費用がまた値上げ

毎年この時期になると何かしら大きな変更がありますが、またもや申請費用の値上げです。
New immigration and nationality fees for 2016 to 2017

値上げは4月までに議会で成立後に適用、

Specific fee changes for 2016–17 will apply after further legislation is laid in Parliament by April this year.

配偶者ビザなどの申請費用は25% UP。

fees for settlement, residence and nationality will increase by 25% in 2016–17

申請費用以外にも何かしら変更点があるかもしれないので、要注意です。

申請は出来ればお早めに…

イギリス、EU残留か離脱か

EU残留か離脱か、歴史的岐路に 賛否 というニュースを読みました。
去年の時点で2016年夏か2017年末までには国民投票を行うと言われてましたが、ここ最近の移民問題の影響か、やはり今夏になりそうですね。

英国は1973年にEUの前身の欧州共同体(EC)に加盟以来、共通市場など実利は求めるが「欧州統合の理想」には熱心ではなかった。

イギリスってまさにそんな感じ 笑
EU には加盟しても、EURO は採用しないですし。

もし本当にEU 離脱したらビザにも大きな影響が出ますから、このニュースからは目が離せないですね。

EEA family permit に関する疑問

Apply for an EEA family permit – 3. Documents you must provide を読む限り、収入に関する書類は求められていないと思うのですが、EEA family permit を申し込んだ日本人の方のブログを読むと皆様バンクステートメントとか、雇用者からのレターとか提出されています。

何故でしょう??

今EEA family permit について勉強してるのですが、混乱してます (*_*)

イギリス人配偶者でもEEA family permit に申し込める!?

先日主人がイギリス人の知人と話してたら、その方の奥さんも日本人で、EEA family permit を取得したと聞いたそうです。

あれ、イギリス人の配偶者は、Family ビザ(配偶者ビザ) じゃないの!? と思って詳しく聞いてみると、Surinder Singh ルートがあるとか。何だそれ〜!

EEA family permit は申請料も無料だし、待遇が配偶者ビザより遥かに良いので出来ることならそっちが良いですよね。

ざっくりと読むと、イギリス人配偶者と共にイギリス国外のEU圏でしばらく住むことが条件。
知人によると、3ヶ月程度住んでることになってれば良いらしいです(要確認)。

イギリス人の方がもし、時間に融通の利く自営業なら、3ヶ月間だけと割り切って必要最低限の荷物でアイルランド辺りに住んでみるのもいいかもしれないですね。ちょっとしたバケーションだと思って。

ビザのルールは複雑過ぎで、色んな方のブログを読んで勉強しましたが、最初はイギリス人配偶者ビザのことしか頭にありませんでした。
EEA family permit なるものがあるということも、随分後になって知りました。

そして今月、主人の知り合いからの情報で、イギリス人であってもEEA family permit に申し込めるルートがあるということを知りました。
住まなければならないから、決して簡単ではなけど、ひとつの方法です。

これからもまだまだ知らないことが出てきそうだけど、色々調べてこうと思います。

ビザステッカーから認証情報を含む滞在許可証「バイオメトリックレジデンスパーミット(BRPs)」への切替

2015年5月31日以降、日本からの英国ビザ申請で、滞在が6ヶ月以上の非EEA国籍者に対して、生体認証情報を含む滞在許可証「バイオメトリックレジデンスパーミット(BRPs)」が発行されることになりました

これまではビザ有効期間が満期でカバーされるステッカーがパスポートに貼られましたが、これからは30日間の入国許可を記したステッカーがパスポートに貼られ、イギリスに入国後10日以内に郵便局でBRPカードを受領しなければならないのです。

イギリスへの移住がますます難しくなりましたね(^^;; 引越業者の手配やら日本国内の手続やら、かなり計画的にしないと30日の有効期間が切れちゃう。

さて、このBRPカード。2015年5月31日以前にビザ申請した私には無縁だと思ってましたが、今持ってるパスポートに貼られたステッカーから、BRPカードへ切り替えが可能のようなのです。
Form to transfer an existing visa to a biometric residence permit if you are already in the UK

上記のページには以下のように書いてあります。

The form is to apply to transfer that permission, usually because you have a new passport. This is known as a transfer of conditions (TOC).

通常はビザが期間満了する前にパスポートが切り替わっちゃう場合に申請するもの、とあるので、皆が皆必要な訳ではないですね。

Get a biometric residence permit (BRP) というページの”1. Why you need a BRP” の箇所にも、これから来る人やビザを延長する人、パスポートの切替って書いてあります。最後のHome office travel documents っていうのが謎ですが…

パスポートの切替のページを見てみます。Transfer your visa to a new passport には太字で以下のように書いてあります。

You don’t have to transfer your visa – you can carry both your old and new passports when travelling to or from the UK instead.

古いパスポートと新しいパスポートを持ち歩けばいいから、ビザを移動させなくても大丈夫と書いてあります。

うむ… ビザステッカーからBRPカードの切替は、通常は新規のパスポートを入手した時。でも、新旧両方のパスポートを持ち歩けば大丈夫なので、ビザ情報を移動させなくてもよい、つまりBRPカードに切り替えなくても良い、ということですよね。

またか、またしてもしなくてもいい手続で私たちを混乱させのね、イギリス…

私はビザ期間満了前にパスポートが切れるので、多分そのタイミングでBRPカードに切り替えると思います。

イギリス配偶者ビザ収入要件緩和の嘆願を出しましょう

移民向け情報サイトでこの嘆願フォームを見つけました。
Petition – Allow British families to stay together by removing minimum income requirements.

愛する人と結婚し、ただ一緒に暮らしたいだけの家族が、違法に入国する人々や不法滞在の巻き添えで引き裂かれるようなことがあってはならないと思います。
お知り合いにイギリスにお住まいの方がいらっしゃったら、是非署名お願いいたします!