料理に便利な固めの蜂蜜

砂糖代わりに蜂蜜を料理に使ってるんですが、瓶周りがベタベタしてくるのがちょっと面倒くさい。

そこで義母が勧めてくれたのが、Set honey!ペースト状になってるので、スプーンですくっても垂れません。

普通の液状の蜂蜜は、Running honey というんですね。

日本だと程よく緩く固まってる蜂蜜は売ってないので、これは便利だなぁと思いました。

…大分前に書いたこのエントリー、公開を忘れてたので今頃アップしました 汗

Advertisements

イギリスの夏が恋しい

日本は今日猛暑でした。もー、外歩いてると顔が溶けそう 笑

思い出すのは、イギリスの夏。涼しくて最高でした。

去年イギリスにいた時は1日だけ、25度くらいになった日があって、その日はタオルケットで寝ました。翌日からまた寒くなって厚めの掛け布団で寝たものでした。涼しいから虫もあまりいないのも、本当に嬉しい!

不便なことの多いイギリスで、涼しい夏は数少ない良いことです 笑

夏にイギリスにいらっしゃる方には、カーディガンやストールなど、気温調整しやすい格好をオススメします。

皿集め、そして日本へ

20160409-212340.jpg

すっかりご無沙汰してます。

突然のアメリカ旅行や、子供のイヤイヤ期が始まったり、義母が足の手術をしたりで、大分バタバタしてました。

そして、またもや引越しするかもしれず、落ち着かない日々です。

引越先はイギリス国内か、アメリカか、はたまた日本か。まだ決まってません。

とりあえず日本に引越先の候補があって、1か月お試しで住んでみることになりました。もうすぐ日本か、と思うとドキドキします。

また一時帰国前の準備をしなくちゃ。今度は国民健康保険にも入って、家族全員歯のチェックや治療をしようかと思ってます。

やることはたくさんあるけど、私は毎日、皿を集めています 笑

今義両親と同居中なので、引っ越すなら自分達で使う皿が必要、そしてイギリスにいるならヴィンテージやアンティーク物を買っておかないと!という使命感にかられて、止むを得ず、ええ。

元々レトロな物が好きでしたが、同居なので自分のスペースがないので、あまり買わずにいました。それが今はタガが外れたように ^^; 写真のお皿は一部です。そして、それぞれの柄で3〜5枚は買ってます。まぁ引越し便ならまとめて船便なので、送料のことはあまり気にしません。

早く引越し先が決まるといいなぁ。

イギリスではじめてAirbnb を使いました

リフレッシュのためにどこかに泊まりに行こうという話になって、Airbnb で検索してみたら割と近所に安いお家があったので泊まりに来ました 🙂
部屋は2部屋(リビングルームとベッドルーム)、シャワーあり、簡単な朝食あり。
1人だと£34、2人だと£59。赤ちゃんはカウントされません。イギリスだとこの値段はかなり安いです。

リビングルームの一角。

ホストの方がおもちゃを用意してくれてました。部屋の至る所にぬいぐるみもあって、子供が大喜び。
こういう気づかいが嬉しいですね。

お茶やお菓子、朝食用のパンとシリアルがありました。朝食用のパンはかわいい袋に入ってました。子供用の食器類も用意してくれていて、助かりました。

紅茶といえばミルクティーなイギリス。当然ミルクが入ってます。その他オレンジジュースや上等なバター、ジャムも。

Airbnb はホストと個人的にやり取りするので、ホテルと違って万一のことがあると怖いですが、そいういう場合はレビューをよく確認したり、Super host(多数の高評価がある)を選ぶと良いと思います。

宿泊費が高いイギリスなので、Airbnb はアリな選択肢だと思います。

Dental hospital に行ってきました

子供の前歯が折れてしまい、近所の歯医者さんでは何もしてもらえず、痛みも取れないので再度歯医者さんに連絡してところ、Dental hospital に紹介状を送ってもらいました。

怪我をしてからおよそ1ヶ月経ち… ようやくDental hospital に行くことができました。

予約が取れてからレターが届いたのですが、そこには時間通り来なかったら処置不要とみなしてこの件では再び予約できなくなりますと、かなり高飛車なことが書いてあったので、遅刻しないように早目に出ました。

ところが… カーナビが間違った場所を案内してきたために、ヒイヒイ言いながら30分走り、予約の5分前に何とか到着しました。夫婦2人揃ってはぁはぁいいながら。エライ目に遭いました (^^;;

病院の歯医者さんは、ちゃんとしてました。しっかり傷を見て「神経が露出してます。」と。予想通りです。今でこそ痛みは和らいできたみたいですが、最初の痛がり方は尋常じゃなかったので。

露出した神経が腐って自然となくなることはあまり考えられず、取り除く処置が必要になるかもしれないこと、放置した場合は感染症にかかる恐れがあること、痛みがもう少し落ち着いてきた頃にまた診て次どうするか決めることなどを説明されました。もし神経を取り除く処置をするとしたら、全身麻酔をかけるしかないでしょうね。神経を取り除くのは、大人でさえ激痛です。まだ喋ることすらできない子供が耐えられる訳がありません。はぁ… どうなることか、とても心配です。

最初の近所の歯医者さんは、「何もできることはないし、5、6歳くらいになって大人の歯が生えてくるまで待つしかない。歯磨きはちゃんとしてね。患部も数日経ったら磨いてね。」と言ってましたが、とんでもない話です。

神経が露出してるんですよ⁉︎ 痛みのあまり震えて絶叫するくらいだったので、歯磨きなんて考えられません。あなた、一体何を見たの⁉︎ と最初の歯医者さんをぶっ飛ばしたいと思いましたよ (−_−#)

そのことを思い出しつつ、Dental hospital の歯医者さんに歯磨きはどうしたらよいか聞くと、歯磨き粉を溶いたぬるま湯で口の中を綺麗にしてあげるのが良いけど、患部はそっとしておきましょう、とのことでした。うん、やっぱりこの先生はちゃんとしてる。

と言う訳で、2週間後にまた経過を診てもらうために予約。やれやれ…

イギリスの医者(GP、歯医者さん) はピンキリです。最初の近所の医者がハズレだと大変な目に遭います。が、紹介状を書いてもらい次に進めるなら、もう少しまともな医者に診てもらえます。

とにかく、そこに至るまでの時間がかかる、ということです…

イギリスの湿気対策に 充電式のコンパクトな除湿機

湿気・カビと戦う!冬のイギリスの湿気対策で書いた充電式のコンパクトな除湿機をしばらく使ったので、使用感を報告します。

こちらの商品は箱を開けると、本体と電源コード、ユーザーマニュアルが入ってます。

これは中にシリカゲルが入っていて、湿気を吸うと色がオレンジからグリーンに変わります。

色が変わったら、本体にコードを繋いでコンセントに挿します。
すると本体内部が加熱されて、シリカゲルの湿気を飛ばしてくれます。
一晩置いておくとすっかり湿気が飛んで、再び使えるようになります。

シリカゲルを加熱するのに本体から取り出す必要がないから、パラパラ落ちて減ってしまうこともないし、コンセントに挿すだけなので手軽です。

色が変わるのも分かりやすいし、おお〜湿気を吸ってくれている!と実感できていいですね。

小さいので戸棚の中とか洋服ダンスの中とか、狭いところに置くのにオススメです^ ^
Pro Breeze® Cordless Rechargeable Mini Dehumidifier for Absorbing Moisture in Small Spaces e.g. Wardrobes, Cabinets, Drawers, Boxes. Wireless with NO BATTERIES needed.

※ 使うのに本体の充電が必要なのではなくて、しばらく使ったらシリカゲルの水分を蒸発させるためにコンセントに挿すのを、商品名では充電式と呼んでます。繰り返し簡単に使えるよ、というのを強調したいんだと思います。

日本から荷物を転送してもらいました

日本のサイトでお買い物したくても、海外発送対応してないショップは結構多いですよね。
してたとしても送料がやたら高いとか、複数のサイトで買い物したいけど個別に発送してもらうと高くつくとか。
両親に転送してもらうのも毎回は気を使うし…

そこで転送業者を探してみました。いくつかあるみたいですが、今回は転送コムを使いました。

まずはアカウントを作って、イギリスの住所を登録します。すると、転送コムから日本の住所が発行されるので、その住所を使って日本のショッピングサイトでお買い物します。

今回はヤフオクで新中古(自宅保管の未使用品) を買いました。送料、手数料を含めても日本で買った方が安かったです。

服だから壊れ物ではないけど、エアークッションでしっかり守られてます。

余談ですが、使ってるガムテープですら、イギリスの物よりはるかに品質が良くて泣けてきます 笑

イギリスは物価が高いですし、物によっては日本で買って転送した方が品質が良くなおかつ安い物が手に入ることもあると思うので、転送コムはオススメです。

※関税に気を付けてくださいね!