イギリスの歯医者事情

海外移住で心配なことのひとつとして、医療事情があるかと思いますが、イギリスの医療クォリティーの低さは有名ですよね。特に歯医者さん (^^;;
ネットでよく検索してるんですが、調べれば調べる程怖くなります

それでもいつかは診てもらわないといけないし… で、色々調べている最中です。

まずざっくり説明すると、歯医者さんには2種類あります。

  • NHS の歯医者さん
    安価で治療が受けられるけど、新規患者を受け付けていないことが多い。出来ても予約で数ヶ月待たされることもある。
  • プライベートの歯医者さん
    高い!だからと言って腕が良いとは限らない。

NHS の歯医者さんでもすぐに予約が取れて治療も特に問題なかったという体験談もあるし、プライベートの歯医者さんで高額な治療費を払ったけど痛みが取れずひどい目に遭ったという体験談もあるし、こればっかりは住んでる地域とタイミング、運次第だと思います。

実際に歯に問題が出てきた時は、以下3つの選択肢があるかと思います。

  • 現地の歯医者さんに診てもらう
  • 日本に一時帰国して診てもらう
  • Dental abroad!?

現地の歯医者さんに診てもらう場合、レビューを確認しつつ、出来れば実際に行ったことのある人の評判も調べたいですね。ただこれは、レビューが良い所であればある程予約が取れない可能性もあるので、緊急の痛みには対応できないかもしれないです。
ロンドンにはいくつか日本人の歯医者さんがありますね。値段が高いですが、日本語だとリラックスできますね。

日本に一時帰国して診てもらう場合、やはり言葉も通じるし予約もすぐ取れるし、かかりつけ医であれば安心です。
フライト代金 < 安心 = プライスレス!
健康保険がないので治療費が全額負担になるのがネックですが、中には一時帰国でも健康保険証を復活させて3割負担で治療を受ける人も結構いるようです。

スウェーデンに入ってはスウェーデンに従えさんの経験によると、普通は日割で健康保険代金と国民年金代金を払わなければならないけど、帰国日が月末前だったから代金請求されなかったそうです。

国民健康保険や国民年金へ短期間加入し、
その後海外へ帰国する際、再転出をしたら、
その日数によって、保険料や年金を日割りで支払う必要があるんです。

が、今回私は払わなくて良かったんです。

それはなぜかというと、保険の支払いは、月末の時点で保険に加入しているかどうかなので、29日に帰国した私は、31日の時点では保険に加入していなかった。
そして、たぶん保険に加入していたのが、2週間以内だったというのもどうやら関係しているっぽいです。

これ、私も似たような経験があります。東京某区の区役所に海外転出届を出しに行った時、健康保険代金の日割清算のことを質問したら、月末に日本にいないから多分請求されないですよと回答されました。実際最終月は請求されなかったので、もし日本に一時帰国して健康保険証を復活させて治療をと考えている方は、滞在日程を月末にかからないようにすると良いかと思います。

ただ、やはり自治体によって対応が違います。逗子市はそもそも一時帰国であれば住民登録を受け付けないとしているので、保険証の復活はできないです。考え方としては真っ当だと思います。

実家のある自治体に問い合わせてみないと、健康保険証を復活させられるかは分からないですね。

健康保険証なしで全額負担で良いから日本で治療を受けたい、と考えてる方には特に問題ないかと思いますが。

Dental abroad とは治療費が高い国に住んでる人が、より安く治療できる国へ行くことです。

イギリス生活アラフォー日記さんの情報がとても参考になりました。
実際に行かれたところはハンガリーの歯医者さん。空港からの送迎やホテルの手配まで至れり尽くせり。ただ数回に分けて治療するような場合は、滞在費を考えるとメリットがなくなるので、事前のコンサルで治療にどれだけ時間がかかるのか確認するのが良いです。
http://www.saveondentalcare.org

いずれにしても痛いのをいつまでも放っておくと、本当に我慢できなくなった時にすぐに診てもらえないか、悪い歯医者さんに当たってより悪化することもあるので、痛くなる前に良いところを見つけて定期検査に行くべし、です。

あとは地道に歯磨きとフロスを頑張って虫歯予防!