親に頼らず海外留学する方法

未成年のうちに毒親から生き延びる方法 というブログを読みました。

虐待とまではいかずとも親元から逃れたいとか、地元から抜け出したいという人もいるでしょう。
また、単純に金銭的に進学は難しい、ましてや海外なんてという人もいるでしょう。

そんな人には海外留学のための奨学金があります!

自分が高校生の時はインターネットなんて使ったこともなく、進学校ではあったけどクラスメートは誰も留学を検討していなかったし、そんな選択肢があることすら知りませんでした。

埼玉県民向けには「埼玉発世界行き」奨学金というのがあって、「学位取得コース」には学費も適用されます。なんと、返還は不要だっていうじゃありませんか!私埼玉出身でしたが、こんな制度があるなんて…

一応大学は出ましたが、親には負担を掛けました。もしそんな制度があるって知ってたら、と悔しい思いです。

この情報がどこかの誰かに届いて、もっとたくさんの選択肢があるということが伝わりますように。

イギリスで歯医者デビュー

遂に歯医者のお世話になる時がきました。正確にはうちの子が、ですが。

昨日転んで乳歯の前歯が2本、まるっとなくなってしまったのです。すぐに近所の歯医者に電話すると翌日に予約が取れたので、利用登録と相談を兼ねて行ってきました。

予想はしてましたけど、歯は綺麗に根本の辺りで折れててわずかにかけらが見える程度なので、出来ることは何もないとのことでした。5〜6歳くらいまではスキッ歯。乳歯だったのが救いではありますけど、ショックです。
あとは、歯磨きは1日2回歯磨き粉を使ってしてあげてね、というアドバイスで終わり。
所要時間10分程度。無料でした。

(もしこれが永久歯の場合、折れた歯は牛乳とかに浸して乾かないようにして、即歯医者さんへ行って処置してもらえばまたくっつく可能性があるみたいですね。イギリスの場合は、即歯医者さんに行くための予約が出来るかどうかすら分からないですが… )

さて、歯医者さんの登録ですが、本当は私もすべきなんですがまだしてません。
イギリスに来たら病院関係の手続きはGP登録したからそれでおしまいと思ってましたが、歯医者は歯医者で別に登録しに出向かなければならないんです。知らなくて長らく放置してました (^^;;

イギリスの歯医者の評判は、色んな方のブログ読むと、凄く高いか腕が悪いかだし、GP と同じくすぐに予約が取れないため痛くなってからでは遅いので、イギリス人は定期検査など自衛に努めてると聞きました。

出来ればお世話になりたくないイギリスの歯医者さんですが、それでもいざという時のためにかかりつけの歯医者さんを見つけて利用登録した方が良いですね。
以下のサイトで近所の歯医者と、利用者のレビューが見られます。
NHS Choice
もし相性が合わなくても、登録の歯医者さんは変更出来ます。