子連れフライトで便利な席位置

日英間のフライトは10-12時間。
月齢が若くてたくさん寝る時期は楽ですが、歩き出す時期は大変です。
ミルクやおやつ、おもちゃや絵本など、子供の気を紛らわす工夫はできるだけしたいもの。中でも大事なのが、席!

子連れフライトと言えばバシネットだと思いますが、そもそもバシネットじゃ寝ない子もいますよね。うちの子がそうなんです。個人的には最後尾の通路側をオススメします!

子供が泣いたらサッと移動出来る通路側なのは勿論ですが、何故最後尾?

子供が歩きたがったり泣いてゆらゆら抱っこするにはスペースが必要。だから真ん中辺りの席はナシ。

そうすると最前列か最後尾ですが、最前列(バシネット付近) だと、子供をたくさんの人の前であやしてる感じになるので、視線を感じて緊張します。
最後尾だと誰も見てないから気楽なんです。

さて実際のフライトはどうだったかと言うと… まー地獄でした 笑 父親の抱っこじゃダメだから、ずっと母親が抱っこ。しかも濃霧で1時間半フライトが長くなったので白目です。

抱っこしてないと寝られないのでずっとエルゴで抱いてましたが、一晩中ギチギチになってるのは辛かったらしく、しょっちゅう目を覚まそうになったので、その度に席を離れて最後尾のトイレ前で立ちっぱなしで抱っこゆらゆらしてました (^^;;

あれだけ頻繁に席を離れるんだから、やっぱり最後尾通路側で良かったと思います。

行きは夜のフライトでちょうど寝る時間でしたが、帰りはお昼頃。行きも地獄でしたが、帰りはさらにレベルアップしそう…

抱っこひもが首にめり込んで痛かったので、帰りはタオルを挟んで頑張ろうと思います。

Advertisements