家族連れがイギリス南西部からロンドンに安く行く方法

地方住みだと日本人もいなければ、日本食材が揃うお店も日本食レストランも少ないです。
となれば、たまには行きたいロンドン。でも、結構交通費がかかります。

電車(firstgreatwestern: 南西部〜ロンドン間を走る電車です) はチケットがとにかく高くて、かなり早めにチケットを取らないと値段が上がります。

バスという選択肢もありますが、小さな赤ちゃんがいる場合は逃げ場がないバスは無し。お子さんがある程度大きかったら、格安バスも良いですね。

うちの子はまだ小さいので、車で行くことにしました。車だったら赤ちゃんが難しくなっても途中で止められますし。
この他に車の良いところは、人数が増えると1人当たりの費用が安くなるところ。

車で行く時のコツは、ロンドン中心部ではなくて郊外に車を止めて、あとは電車で移動すること。
ロンドン中心部まで車で行くと、平日は渋滞税(Congestion Charge zone) を取られます。それに、駐車場付きのホテルでない限り、駐車場に空きがあるか分からないですよね。そしてロンドン中心部の駐車場は高い!(※ページ末尾参照)だから郊外の駐車場なんです。
あと、電車での移動を最小限に抑えるので、電車代は安く済みます。

さて、郊外に駐車といってもどこにするかですが… 地図を眺めて見ると、Slough という地名が目に入りました。S、Slough と言えば、THE OFFICE の舞台じゃないですか! 私はTIM を応援してました。よし、Slough にしよう。
(※ページ末尾参照)
 

“slough car park” でGoogle 検索したら、Herschel car park というのが最初に見つかりました。イギリス政府が運用してる駐車場です。10階建てで448台ものスペースがあれば、当日空きがないってことはまずなさそう。駐車に自信のない人でも安心して停められる余裕のスペース。それに1日10ポンドとそんなに高くない。そして、Slough 駅から近くて歩いて行ける。

いざ行ってみると、表通り側が工事中で今は使えないんじゃないか… とヒヤッとしましたが、反対側に回ったら普通に利用できましたし、十分に空きがあって、問題なく車を停められました。

Slough 駅からLondon paddington 駅までは20分ちょいくらい。これくらいなら座れなくても許容範囲内。往復チケットはオフピークで9ポンド。片道でも9ポンドなので、必ず往復チケットを買うようにしましょう。

という訳で、南西部の私の住んでいるところからロンドンに行くのにかかる交通費は電車の往復チケット9ポンド、駐車場台1日10ポンド、それとガソリン代でした。
複数人数で行くなら、駐車場代とガソリン代は人数割で、1人当たりの費用は更に抑えられますね。

地方住みでもロンドン観光楽しみましょう 🙂

(※) NCP というサイトでロンドンの駐車場を検索することができます。予約もできるので、空きがあるかどうか不安な場合にはこちらを使うと良いかもしれません。ただ、やっぱり高いですね 😦
それと、運転技術に自信がなくて両脇空いているところがいい、という方には難しいかもしれないです。
(※) どの程度London paddington に近いところまで行って駐車するかですが、”駅名+car park” で検索して手頃な駐車場が見つかるかによるかと思います。”ealing broadway car park”、”hayes & harlington car park” で検索してもHerschel car park 程大きくて駅近で手頃な駐車場はすぐに見つからなかったので、南西部からロンドンに車で向かわれる方にはこの駐車場がオススメです。 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s