日本からイギリスのパスポートを申請するには

国際結婚カップルでお子さんがいらっしゃる場合、各国の国籍法にも寄りますが、お子さんは日本のパスポートだけではなく配偶者の国のパスポートも取得できますね。どうせなら両方取っておいた方が、お互いの国を行き来するのに便利だと思います。

今回は、日本から子供のイギリスのパスポートを申請する方法について、書きたいと思います。

まず最初に、お子さんにイギリス市民権があるかどうかを確認してください。両親のどちらか一方がイギリス人なら子供もイギリス人かと思いきや、例外もあるので注意が必要です。イギリスの国籍法は、条件付き出生地主義を採用しているからです。詳細・確認方法については、外国生まれのイギリス人の子供はイギリス人? をご覧ください。

次に、よく質問される事について書いておきます。

イギリス国外からのパスポート申請についてのサイト
https://www.gov.uk/overseas-passports/
どこ生まれか、どこから申請するかなどの質問に答えて、必要情報を確認してください。

パスポートと出生届
子供がイギリス国外で生まれた場合に、イギリスに出生届を出さないとパスポートを申請できないのでは? と私も最初は思っていたのですが、出生届は出していなくてもパスポート申請ができます。出生届のサイトにもそのように書かれています。
https://www.gov.uk/register-a-birth

You can still apply for a UK passport for your child even if you don’t register the birth in the UK.

私の子供は日本で生まれたのでイギリスに出生届は出していないのですが、パスポート申請できましたし、実際パスポートを取得できました。

パスポートとミドルネーム
日本の名前にミドルネームがない場合、イギリスのパスポート申請時にミドルネームが入れられるか? ですが、可能です。
日本側の公式書類として、出生届記載事項証明書と戸籍謄本の原本と英訳を提出していますが、私の子供の場合、日本でミドルネームがありませんが、イギリスのパスポート申請フォーム上の名前記入欄にミドルネームを入れて申請し、無事通りました。

パスポート申請にかかる費用
Child passport の申請手数料 £53.00 に送料 £19.86 を足して合計 £72.86 です。
参照: https://www.gov.uk/overseas-passports/y/japan/applying/child/japan

提出書類
サポートドキュメントについての説明は以下に書いてあります。イギリス国外で生まれた子の場合はテーブルBとDを確認するよう書いてありますね。
https://www.gov.uk/government/publications/overseas-passport-applications-supporting-documents-guidance
サポートドキュメントは不足があった場合には後から追加で提出できますが、6週間が締め切りですのでご注意ください。
https://www.gov.uk/overseas-passports/y/japan/applying/child/japan

You must include all your supporting documents with your application. You’ll get 6 weeks to provide any that are missing. Your application will be cancelled and you won’t get a refund if you don’t provide them in time.

今でこそこんな風に整理して書いていますが、当時私は自分の配偶者ビザの件で手一杯でイギリスの事は夫に任せていて、何にも分かっていませんでした。そして、彼はサポートドキュメントをちゃんと調べずに申請して、エライ目に遭いました。思い出すだけでゲッソリです 😦

体験談は別のポストで書きます。

日本からイギリスのパスポート申請した際の提出書類

外国生まれのイギリス人の子供はイギリス人?

ビザで散々苦労しているので、子供には苦労させたくないと思っています。それで色々調べていたのですが、どうも私の子供のようにイギリス国外で生まれたイギリス人は、将来子供が生まれた場合にその子にイギリス国籍を与えられないかもしれないのです。

国籍を確認するページ Check if you’re a British citizenがありましたので、こちらで調べることができます。

例えば私の子供の場合はこちらになります。
https://www.gov.uk/check-british-citizen/y/on-or-after-1-january-1983/no/yes

1 When were you born?
On or after 1 January 1983
2 Were you born in the UK or a qualifying territory?
No
3 Was one or both of your parents a British citizen ‘not by descent’?
Yes

確認事項がみっつあるのですが、最後の “not by descent” が問題になります。
解説部分には以下のように書かれています。

In most cases you’ll be a British citizen ‘by descent’. This means you can gain citizenship from one of your parents, but your own children won’t automatically become British citizens.

大抵の場合相続によって ‘by descent’ あなたはイギリス人となります。これはあなたの両親のうち一人から市民権を得ることができるという意味です。しかし、あなた自身の子供については、自動的にイギリス市民とはなりません、と。

イギリスは条件付き出生地主義(Restricted jus soli) を採用しています。Jus soli – wikipedia を見ますと以下のように書かれています。1983年1月1日から少なくとも一方の親はイギリス市民か、イギリスに法的に居住しているという制限が加わったようです。それで質問2 で出生日が1983年1月1日以降かどうか確認される訳です。

United Kingdom: Since 1 January 1983, at least one parent must be a British citizen or be legally “settled” in the country

つまり、まずはどこで生まれたかが問題で、次に両親がイギリス市民かあるいはイギリスの永住権があるかどうかが問われるのです。

試しに質問2の出生地をイギリスにした場合、3番目の質問内容から、両親は‘not by descent’ だよね? の念押しが消えます。
https://www.gov.uk/check-british-citizen/y/on-or-after-1-january-1983/yes/yes

1 When were you born?
On or after 1 January 1983
2 Were you born in the UK or a qualifying territory?
Yes
3 When you were born, was one of your parents a British citizen or legally settled in the UK?
Yes

このように、私の子供自身は子にイギリス市民権を与えられませんが、もし’not by descent’ のイギリス人と結婚したら、彼らの子(私の孫) は配偶者側のイギリス市民権を相続できます。それかその子がイギリスで生まれれば何の問題もありません。

まぁ今から孫の心配までしてもしょうがないですね ;^^

追記:
こちらのブログを拝見しましたら、‘by descent’ だけど例外的にイギリス国籍が認められたそうです。
イギリスパスポート申請の結果・・・ | メルボルン→シドニー 育児日誌

SUSHI で絶望

マズイ マズすぎる 十万石饅頭… (埼玉県民のみ分かるネタ)

分かってはいたんです、美味しい訳がないって。でもテスコでふと目にした瞬間、SUSHI!って条件反射的にカゴに入れてしまったのです。

写真は撮り忘れました。空腹だったので…

腹ぺこではやる気持ちを抑えながら寿司、いやSUSHI を口に入れると一気に絶望の淵に追いやられました。

マズイ マズすぎる 十万石饅頭… ‼︎

怒りの時を過ぎると、ただひたすらに絶望します。

とにかくお米がひどいんです。押し潰されてグニャグニャ。これが全てを台無しにします。そして、冷たさがマズさを加速します。

新鮮な魚がないのは仕方ないです。ネタも精々サーモンくらいでしょう。後は外国ならではの揚げ物が入ってるとか。その辺は受け入れられます。
ただお米の部分が壊滅的にマズいので、食べられたものではないです。

前にパディントン駅中にあるYO! SUSHI でも食べたことがありますが、あれもひどかったです。やっぱりお米。機械で成形する時に潰し過ぎてるんでしょうか。

これが日本の寿司だと思われたら嫌だなぁ。

どこかロンドン辺りで日本人がやってるお寿司屋さんでもあれば、美味しいお寿司が食べられるかもしれませんが、そんな遠くまで行ける訳もなく、行けても値段が高そうですし、夢のまた夢です。

スーパーの生鮮食品コーナーでサーモンとツナ(鮪)を見かけたので、自分で作った方が手軽だし、確実に美味しいはず。

皆様はSUSHI 地雷踏まないように気をつけてくださいね >_<

イギリスで無料の英語レッスンを探す

無料英語レッスンを受ける方法という記事を読んだので、ご紹介します。

ここでからくりをご紹介。この先生たち、実は生徒でもあるのです。(中略)教育課程の一環としての実習のクラスで、私たちはそこの生徒になります。とはいっても、ほぼ通常の授業が行われます。(中略)こういった学校の情報は、地域のコミュニティーセンターや図書館に張り出されていたり、口コミなどで広がっていきます。

なるほど。今度近くの図書館とかに行ったら確認してみます。
でも多分うちの近くにはないよ〜 田舎だもの〜。・゜・(ノД`)・゜・。

比較的都会にお住まいの方でしたらあるかも!

夢の卵かけご飯

こちらに来てからというもの、生卵を一切食べていません。イギリスに限らず、生卵って日本以外だと一般的には食べるものではないですよね。衛生的な問題もあるだろうし、文化的にも。おそらく日本人ほど生食に情熱を持ってる国民は、他にいないかもしれないと思います。

個人的には卵かけご飯が凄く好きって訳ではないんですが、旨み成分高すぎて数値で測れない醤油で、たまごかけご飯食べたら気絶したっていう記事を読んで、食べたくなってしまいました >_<

もし生で食べるとして、イギリスの卵は大丈夫なのか…? 卵は日本と違って常温保存だし、結構殻に羽が付いてたり… 衛生的に危なそうな感じなプンプンします (^^;; とはいえどんな風に卵が管理されているのかはよく知らないので、ちょっと調べてみました。

So should you keep eggs in the fridge? Scientists crack the age-old argument over whether chilled or room temperature is the best という記事を読んで、British Egg Information Service なる組織があることを知りました。

彼らのQAによると…

Can I use raw eggs?
Department of Health advice, which precedes the introduction of the Lion Quality Code of Practice, recommends that vulnerable groups such as the elderly, very young, sick and pregnant women should eat eggs that are thoroughly cooked. To minimise any food safety risks, use British Lion eggs, keep them in the fridge and use before the best-before date. The British Lion mark ensures that the eggs you buy come from hens vaccinated against salmonella.
– See more at: http://www.egginfo.co.uk/egg-facts-and-figures/faqs#diet

お年寄りや子供、病人や妊婦は完全に火が通った卵を食べるようにする。リスクを最小化するには、英国ライオンエッグを使い、冷蔵庫で保管し、ベストデートの前に使い切ること。
ライオンマークの卵は、サルモネラ菌の予防接種を受けた鶏の卵だそうなので、卵を買う時は注意して見てみましょう。

と、書いてあります。ハッキリ生で食べれるとは書いてないけど、食べてはいけないとも書いてないですね。確かに、生で食べるからにはリスクはゼロではないので、勧められるようなことじゃないですよね 。つくづく、生卵が当たり前である日本は凄いというか呆れるというか、何故そうしてまで食べたいんだ⁉ と外国の方には思われるでしょうね。

で、ここまで調べて卵かけご飯を食べるか、ですが… ま、止めとこうかな 笑
もし旨み成分高すぎて数値で測れない醤油で、たまごかけご飯食べたら気絶したの醤油を手にいれていまったら、食べちゃうかも。

Jaffa Cakes はビスケットかケーキか

Jaffa Cakes は私が大好きなお菓子です。日本でもおなじみのMcVitie の製品です。
名前がCakes ならケーキじゃないの?何でそんなことが問題になるの?と言いたいところですが、これが…
見てもらえばすぐお分かりになると思います。
20150617-151904.jpg

見た目は完全にビスケットですよね。小さくて丸くて。まーでも、本人(?)がケーキだっていうならそれでいいんじゃない?、とはいかない事情がイギリスにありました。

Jaffa Cakes – wikipedia

In the United Kingdom, value added tax is payable on chocolate-covered biscuits, but not on chocolate-covered cakes.[12] McVities defended its classification of Jaffa Cakes as cakes at a VAT tribunal in 1991, against the ruling that Jaffa Cakes were biscuits due to their size and shape, and the fact that they were often eaten in place of biscuits.[13]

イギリスではチョコレートがけのビスケットにはVAT(付加税)が掛かるけど、チョコレートがけのケーキには付加税は掛からないんです。それ聞いた時、私はどんなルールだよと笑ったしまいました。
商品カテゴリー別に付加税掛けたり掛けなかったり、随分細かく税金のルールを決めてるんだなぁと関心するやら呆れるやら… 赤ちゃんの製品には税金が掛からないのは助かりますが。

さて、Jaffa Cakes については最終的にはケーキとして認められたんですね。スーパーではビスケット売り場に置いてあるし、よく認められたなぁと思います。McVitie 側の弁護士がよっぽど有能だったのでしょうか。

人に歴史あり、ならぬJaffa Cakes に歴史あり、です。
そんなことを書きながら、今日のおやつとして私の胃袋にしっかりと収まりました 😛

年に1度だけ開くマナーハウスに行ってきました

イギリスでは各ヴィレッジごとに地主がマナーハウスを一般公開して、誰でもガーデンやお茶を楽しむ機会があるそうです。 

今回は私の住んでいるヴィレッジのマナーハウスが、年に1度だけ公開されていたので行ってきました。入園料は大人ひとり1ポンド。

驚いたのは敷地の広いこと。浜離宮公園とかよりも大きかったです。ここの地主さんはロンドンとここと、あとどこか3ヶ所に家を持っているそうです。羨ましい!


  

お茶とケーキを楽しめる場所は混み合っていました。この催しは一切宣伝はされていないのですが、地元の方は口伝てか何かで知るそうです。

ガーデンとお茶を愛するイギリス人の文化に触れた1日でした 🙂