イギリスのスーパーで販売されている鶏肉が危ない

イギリスのスーパーで販売されている鶏肉の4分の3には食中毒の原因となる細菌が付着している という記事を読んでショックです 😦

同庁は、とりわけ格安スーパーのアスダで販売されている鶏肉を問題視。最新のデータによると、同スーパーの鶏肉への細菌の付着率は8割を超えるという。一方、マークス & スペンサー、ウェイトローズ、モリソンズ、コープなどのスーパーでは適切な食中毒対策を講じていると評価している。

アスダは驚異の付着率!我が家はテスコで買い物することが多いのですが、テスコについては書かれてないですね…

食の安全に厳しい日本ではなかなか聞かないニュース (^^;; 買い物の時は気を付けなくては。

4 thoughts on “イギリスのスーパーで販売されている鶏肉が危ない

  1. うちもテスコ利用者です。。。どうなのか凄く気になりますね。とにかくどこのでも十分に加熱しなくちゃですかね。

    • 包丁やまな板も良く洗わないとだし、生の鶏肉を触った後であちこち触らないようにしないとですね (^^;;
      とりあえずアスダで生鮮食品は買わない、と_φ(・_・

  2. テレビでも見たことありますが、怖いですよね。私も大体テスコかLIDLが多いんですが、前にたまたまセインズベリーで豚のひき肉買って餃子作りで白菜みじん切り終ってさあ肉投入~の時、肉をパックから出したら見たことないエメラルドグリーンの液が底に・・・近所のM&Sに行った時店員に写メ見せながらこの話をしたらドン引きしてました(-。-;) 

    • ひき肉でそんな液体が出てくるって… ちょうど先日セインズベリーの丸鶏食べちゃいましたTT
      近所はテスコしかないし、どうしたものか;^^

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s