イギリスのスーパーで販売されている鶏肉が危ない

イギリスのスーパーで販売されている鶏肉の4分の3には食中毒の原因となる細菌が付着している という記事を読んでショックです 😦

同庁は、とりわけ格安スーパーのアスダで販売されている鶏肉を問題視。最新のデータによると、同スーパーの鶏肉への細菌の付着率は8割を超えるという。一方、マークス & スペンサー、ウェイトローズ、モリソンズ、コープなどのスーパーでは適切な食中毒対策を講じていると評価している。

アスダは驚異の付着率!我が家はテスコで買い物することが多いのですが、テスコについては書かれてないですね…

食の安全に厳しい日本ではなかなか聞かないニュース (^^;; 買い物の時は気を付けなくては。