日本人が一度はやってしまうらしい失敗

イギリスの洗濯機って、日本のと違って細かい設定がたくさんあるんです。水温とか、回転数とか素材。お急ぎや時短、手洗いは勿論、コットン40℃〜90℃、ウール40℃〜90℃とか。最初は、イギリスの洗濯機は日本のよりずっと高機能なんだ!と思ってました。そう、最初は…

寒い日が続いて数日ニットを着た後、暖かくて天気の良い日があったので、ウール40℃でニット類をまとめて洗濯したんです。そしたら全部、縮んでしまいました…>_<… 編み目がもう、ギッチギチ。

 

主人のセーターはヘソ出しになり、私のニットワンピースはギャルばりの超ミニ丈になり最早ワンピースというよりチュニックに、子供のセーターはアラン編みの模様が消滅…  実家の母が孫にと編んでくれたセーター、着たところの写真送ってねと言われてたんですが、どうしてらいいんでしょう 汗

義母に話したら、ニットは洗濯機で洗えないから手洗いでするのよ、と言われました。それ、最初に言って欲しかったんですが (^^;;

てっきり義母の洗濯機がダメなだけかと思ってたんですが、エゲレス暮らしの牡丹さんのブログ (読んでて全部激しくうなづいてました笑) でもイギリスの洗濯機で同じ失敗をしたって書いてらしたんで、どうもイギリスの洗濯機の問題みたいです。

イギリスに移住してきたら、コットン以外はまずは手洗いで。素材や洗剤などに注意してくださいね >_<