NHS GP 登録できました

でもやっぱり、すんなりとは行きませんでした (^^;;

先週主人が電話で責任者に確認した時は、フォームとパスポート、私の出生証明書(日本語版でも構わない) を提出するように言われていました。私の出生証明書は、住所証明が取れないのでその代わり。
あとはこちらの提案で、主人がレター(自分は妻と同居していると宣言) を持っていくと伝えていました。レターについてはよく分からないと言われたのですが、主人はマイナスにならないなら持っていくと伝えました。

そして今日。いざ受付に行くと、結婚証明書を持って来いというではないですか!そんなの聞いてないよ〜

納得いかないなぁと思いつつ義母と建物から出ながら「でも、パスポートのビザのページに配偶者の名前があるのに…」と言うと、義母が「もう一度行こう!」と受付に再度説明。すると面倒くさそうに「確認するから座って待ってて」と。

結局責任者が出てきて、以下の書類で良いことになりました。

  • フォーム
  • 私のパスポート
  • 主人のレター
  • 主人の出生証明書

この責任者が私の出生証明書を日本語でも構わないから持ってきてと言ったのに、今日は英語じゃないと分からないから要らないわ、と言われました 笑

主人の出生証明書は、私の配偶者ビザ申請の時に使ったのがあったので、何となく提出してみましたが良かったようです。

とにかく、言うことがころころ変わる!
原則的には必要書類はフォームとパスポート、住所証明 (公共料金の請求書等) です。

配偶者ビザで移住してきて間もなくて住所証明が取れないといった例外的な場合には、Surgery の責任者の判断によって何が必要か変わるようです。他の方のブログ見てると、住所証明しなくてもオッケーだった方もいましたし。
個人的には、住所証明がすぐには取れなくてお困りの方はご主人 (同居するイギリス人や大家さん等) にレターを書いてもらうのは簡単だし、試す価値ありと思います。

義母も主人も、イギリスではこんなことがたくさんあるよ!と言ってました。あ〜イギリスだねぇ〜と 笑

こちらができることは、事前に電話して責任者の名前を聞いて確認して、当日受付が適当なことを言っても責任者に確認するように言うことです。
ネゴる必要があるかもしれないので、イギリス人の家族や友人等に付き添ってもらった方が良いです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s