2015年 買って良かった物 随時更新

2015年と言うのは気が早いですが、忘れない内にメモ。

  1. PHILIPS ソニッケアー フレキシブル
    人生初電動歯ブラシ。日本出国前に歯医者さんから、親知らずの辺りが歯周病になりかけてるので歯磨き頑張ってください!と言われたので怖くなってオススメの歯ブラシを買いました。
    こんなに楽にツルツルに磨けるならもっと早く買えば良かった!
  2. ローラアシュレイ ガーゼパイルドレス アメリ 7分丈
    赤ちゃんと一緒にお風呂に入るので、体をゆっくり拭いてる暇がなくて、バスローブが必要でした。そして義両親と同居が決まっていたので、お風呂上がりに見られてもだらしなくないエレガントなデザインのが欲しい!と思って探していたのです。これは7分丈の袖、97cmの着丈と露出が少なくて、かつ前はボタンで留めるのではだけることもありません。
    バスローブやバスドレスにはノースリーブか腰紐で縛るのが多くて、こういう露出が少なくてそのまま部屋着にもなるようなデザインが少ないんです。なのでローラアシュレイのドレスは個人的に一番のお気に入りです。
  3. ワールドトラベラー ディライトンⅡ 預入れ国際基準サイズ スーツケース
    移住なのでどうしても荷物が重くなりがち。出国直前に物が入り切らなくて、飛行機で持っていける一番大きなスーツケースをアマゾンで買いました。大きさの割に安くて、でも安っぽくない綺麗な赤。これからもあちこち移動するのに、一番大きいスーツケースはひとつは持っておくと便利だと思います。
  4. Surface Pro 3
    英語環境で日本語のソフトを使うとトラブったりすることがあるので、移住前に日本で買いました。一応、言語パッケージを入れると英語にも切り替え可能らしいので、どうとでもなりますね。
    主人はマックですが、取引先からエクセルのファイルが送られてきた時にマックだと上手くみられない時があったりするので、やっぱりウィンドウズは一台は持っておきたいです。
  5. Sサイズのビニール手袋 (食器洗い時に使う)
    毎日使ってます^ ^ 私は手がかなり小さいので、こちらでは私のサイズはありません。

LLOYDS ロイズ銀行へ行ってみた

NatWest や Barclays 等の銀行は口座開設に住所証明が必要になるので、私は現時点で口座を開けませんが、Llodys は日本のならパスポートだけで大丈夫なことが分かったので今日行って来ました。散々心配しましたが、ホームページにもちゃんとパスポートだけで大丈夫と書いてあるので、特に問題ありませんでした。

もう一度支店に行く必要があるので、まだ口座は開けていないです。義母によると、次回は銀行口座の使い方などのレクチャービデオを見るそうです。それ、わざわざ行く必要あるの?! 面倒ですが、ロイズが一番簡単な銀行なので、頑張ります(^^;;

NHS GP 登録できました

でもやっぱり、すんなりとは行きませんでした (^^;;

先週主人が電話で責任者に確認した時は、フォームとパスポート、私の出生証明書(日本語版でも構わない) を提出するように言われていました。私の出生証明書は、住所証明が取れないのでその代わり。
あとはこちらの提案で、主人がレター(自分は妻と同居していると宣言) を持っていくと伝えていました。レターについてはよく分からないと言われたのですが、主人はマイナスにならないなら持っていくと伝えました。

そして今日。いざ受付に行くと、結婚証明書を持って来いというではないですか!そんなの聞いてないよ〜

納得いかないなぁと思いつつ義母と建物から出ながら「でも、パスポートのビザのページに配偶者の名前があるのに…」と言うと、義母が「もう一度行こう!」と受付に再度説明。すると面倒くさそうに「確認するから座って待ってて」と。

結局責任者が出てきて、以下の書類で良いことになりました。

  • フォーム
  • 私のパスポート
  • 主人のレター
  • 主人の出生証明書

この責任者が私の出生証明書を日本語でも構わないから持ってきてと言ったのに、今日は英語じゃないと分からないから要らないわ、と言われました 笑

主人の出生証明書は、私の配偶者ビザ申請の時に使ったのがあったので、何となく提出してみましたが良かったようです。

とにかく、言うことがころころ変わる!
原則的には必要書類はフォームとパスポート、住所証明 (公共料金の請求書等) です。

配偶者ビザで移住してきて間もなくて住所証明が取れないといった例外的な場合には、Surgery の責任者の判断によって何が必要か変わるようです。他の方のブログ見てると、住所証明しなくてもオッケーだった方もいましたし。
個人的には、住所証明がすぐには取れなくてお困りの方はご主人 (同居するイギリス人や大家さん等) にレターを書いてもらうのは簡単だし、試す価値ありと思います。

義母も主人も、イギリスではこんなことがたくさんあるよ!と言ってました。あ〜イギリスだねぇ〜と 笑

こちらができることは、事前に電話して責任者の名前を聞いて確認して、当日受付が適当なことを言っても責任者に確認するように言うことです。
ネゴる必要があるかもしれないので、イギリス人の家族や友人等に付き添ってもらった方が良いです。