イギリス配偶者ビザ(UK spouse VISA) と翻訳

イギリス政府が「UK Visas and Immigration」の情報として、日本の翻訳業者リストを載せています。
Translating visa documents: list of translators in Japan

以前翻訳は自分で行っても良い時期があったようですが、今は翻訳業者を使わねばなりません。上記リストが公表されたのが2013年7月1日なので、それ以降でしょうか。
ビザ申請にかかる費用がどんどん嵩みます 😦

リストには複数の業者が載っていますが、VFSグローバルジャパンではこれについてこんなことを言っています。

翻訳 VFS Global は翻訳サービス提供者リスト を用意しました。英国ビザ・イミグレーション(UKVI)およびVFS Globalはリストに記載されている翻訳サービス提供者の能力や誠実さ、仕事や助言の質 に関する責任は一切負いません。

なんと無責任な、と思いますが、今回の翻訳書類準備ではまさにこの言葉を実感しました…

翻訳業者を選ぶにあたって、3社くらいに見積依頼を出しました。戸籍謄本などの個人情報を先方に送るのは抵抗感がありましたが、そんなことを言ってる場合ではありません 😦
結局、1番安いところに頼んだのですが(同時期に申請している別の方もこの業者を利用したというので)、翻訳間違いがあり、何度もドラフトを確認する破目になりました… 別の業者は社内でトリプルチェックをするとかで、最初に固有名詞を確認した後はこちらに一切確認を求めません。安い業者はフリーランサーのようで、誰も他にチェックする人がいないので、クライアントがチェックする必要があったようです。それが安さの理由ですね。

時間やコストに余裕がある方は、最安値でないところをお勧めいたします。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s