暗くてテンション激低な子供向けアニメ… これがイギリスだ


これは一体なんだろう? この変な主人公は…
青っぽいグレーの体、頭から直接生えている腕に足… 薄汚れたキッチンの片隅、朝はベッドでコーヒーを飲みながらだらだら。昼間になると暑い暑いとぶーたれながら、長い散歩に出る。おっさんです。
心地よい木陰で昼寝をしていると突然の大粒の雨。完全にツイてないおっさんです。
でも、冷たくて気持ちが良いなんていう。これはまさにイギリス!当然傘は差しません。
そして最後の決め台詞「人間は絶対に変わらない」。なんだこれ…

Murun Buchstansangurの説明が面白いです。
以下、引用。

The series was notable for its oblique, downbeat tone. Perhaps unsurprisingly, given his surroundings, Murun was a somewhat melancholy, philosophical character, though he was not lonely – in fact he had quite a large number of friends, neighbours, family members and acquaintances. Rather than Murun having exciting adventures, the narrative of each episode usually centred around a problem or dilemma that Murun would ponder, sometimes helped by his friends and relatives.

(意訳:このシリーズはひねくれて憂鬱な調子なのが特徴。多分予想通り、彼の周囲を見れば彼は孤独ではないけど、どこか物憂げで哲学的なキャラクター。事実彼にはかなり大勢の友達や隣人、家族や知人がいる。このシリーズそれぞれのエピソードのナレーションでは、彼のわくわくするような冒険より、彼がよく抱く問題やジレンマにフォーカスしている。それらは時々友達や親戚によって助けられる。)

ああ、日本のアニメとは大違い。日本の子供向けアニメで、かつて物憂げで哲学的な、しかもかわいくも格好良くもないキャラクターがいたでしょうか!?

私がアンパンマンやドラえもんを見ていた頃、主人はMurun Buchstansangur を見ていたのです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s