英語と日本語の違い ですよね~に見える日本語の性質

主人の日本語に対する印象がなかなかに興味深かったので紹介します。
“Japanese language has a yearning quality.”
この “yearning quality” とは、”try to reach an agreement” (同意を得ようと努力すること)だそうです。

日本語には “〜ですよね” とか、相手の共感を求めるようなニュアンスが多いけど、英語にはそういう表現はないとのこと。それって日本人の集団主義的行動の現れかしらと思いました。

主語の性別や複数か単数か、細かいところで差が出るのも英語と日本語。後者はとにかく曖昧なのです。
曖昧であることによって違いを際立たせないところも、日本的です。