イギリスらしい遠回しな表現

年に数回、主人の両親宅に滞在します。家族団欒のひとときは、勿論紅茶とクッキー。
ただし義父はその時の体調によって、違うものを飲んだりします。普段は健康を気遣ってとびきり薄く入れた紅茶に、黒砂糖スプーン大盛2杯、ミルク。それでも彼が紅茶を飲みすぎたと感じた時はお水かアップルジュース。

ある時義母が彼を気遣って、こんな風に尋ねました。
“I’m assuming you won’t have a cup of tea.” (あなたは紅茶を飲まないんじゃないかしら。)
そして義父はこう答えました。
“Yes, your assumption is right.” (ああ、その通り。)

お茶要らない?、と聞くと要る場合に答え辛い。お茶要る?、と聞くと要らない場合断り辛い。なので義母は遠回しに尋ねたのです。
このやりとりが何とも柔らかでエレガントだなぁと感じました。夫曰くこういう遠回しな表現は本当にイギリスらしいんだそうです。

何か確証のないことを聞いてみる場合に、この言い回しを使います。
I’m assuming that… (…と思います。/ …と推測しています。)
Yes, your assumption is right. (はい、その通りです。)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s